1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ
5 お気に入り 22216 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼セクハラとの声が上がった「献血」のポスターを覚えてますか?

日本赤十字社が漫画『宇崎ちゃんは遊びたい!』とコラボしたPRポスターに対し、“過度に性的なキャラクターを用いたキャンペーンだ”という主旨の指摘からネット上で大きな論争に発展。

同ポスターは、ヒロインの宇崎ちゃんが「センパイ! まだ献血未経験なんスか? ひょっとして……注射が怖いんスか~?」と呼びかけているもの。

献血を行う際に条件を満たすと、先着で『宇崎ちゃんは遊びたい!』のクリアファイルが貰えるというキャンペーンの告知でもありました。

このキャラクターが好きな人など、特定の人たちにはすごくアピールできるポスターだろうし、それで献血に行こうと思うということも理解できる。

しかし

I admire the work the Red Cross does, which is why I’m disappointed that @JRCS_PR in Japan would run a campaign using the over-sexualized Uzaki-chan. There’s a time & a place for this stuff. This isn’t it. #women #metoo #kutoo pic.twitter.com/bhds7IPPTq

日本事情に詳しい米国人男性が英語で、過度に性的な絵で、赤十字のポスターとしてふさわしくない、とツイッターで発信(10月14日)

日ごろから女性差別問題について活発な発信をしている女性弁護士がそれに同意し「環境型セクハラ」と批判を続けた。

「日本赤十字社が『宇崎ちゃんは遊びたい』×献血コラボキャンペーンということでこういうポスターを貼ってるようですが、本当に無神経だと思います」とバッサリ。

ネットでは様々な声が・・・

ネット上では、「環境型セクハラ」「過度に性的」といった投稿が相次ぎ、それに対して「性的誇張ではない」「表現の自由の侵害だ」といった反論も続出した。

環境型セクハラの一般論を説明している人は見たけど、具体的に今回の献血ポスターのどこがどういけないのか、論理的に説明している人はいるの?実際、同じ服装、構図で胸が大きい有名女優の写真を採用したら、今回のような騒ぎにはならないわけでしょ。結局、自分の嫌悪感に適当に理由付けてるだけ。

まぁ、だからって今回の献血ポスターが環境型セクハラなんて意見には一ミリも同意しないけど。単純にあれはターゲット層がアニメの好きな20代オーバーの男性だったってだけじゃん。言っちゃえばただの商法だよ。まぁ今回の件を踏まえて対策を取るなら、男性向け女性向けでポスターを2種用意かな?

件の献血ポスター、どこがどうセクハラなのか本当に一切わからないので多分俺はセクハラにむいてないと思われる

▼あの騒動後はどうなったのか?

先月、2019年10月の献血者数が赤十字のサイトで公表された jrc.or.jp/activity/blood… ので、少しまとめてみた。 先月の全国の献血者数は427,251人、 前年同月との比較で106.6%。 ここまで急激に伸びたのは、同ページにデータがある2010年1月以降では最も高い数値です。 pic.twitter.com/ChLVZQ5Owm

2019年10月の都道府県別献血者数を見ると、岩手・福島県を除いたすべての都道府県で前年10月から増加しています。 10月のキャンペーンは各地で様々行われていますが(「宇崎ちゃん」は1都6県のみ)全国的にここまで伸びたのはSNSの影響が大きそう? pic.twitter.com/InSWG6ndjA

宇崎ちゃんとのコラボ等、努力を重ねている赤十字ですが10月の献血者数は前年度比で増加しました 台風の増加影響も予想されますが、コラボへの批判は減少影響しなかったということです 全体の献血者数が減少傾向である中、この増加は貴重です、今後も赤十字と献血を応援しましょう! #宇崎ちゃん献血 pic.twitter.com/h6203s2vDy

10月の献血者数、前年と比べて全国的に6%増加しているのは、宇崎ちゃん効果がかなり出たとみてよいのでは?関東地方でみると埼玉千葉は前年並みだが、東京は一割くらい増、栃木12%増、群馬16%増。献血者数で一番多い東京が一割近く増えたのは、都内だけで前年より五千人くらい献血者が増えてる。

正直10月の献血数増えた〜ってのは燃えたからだと思ってる。前からたくさんのアニメとコラボしてるわけだし……

10月の献血統計は、話題のなったら献血者数が増えた。なので、Twitter発でテレビなどが「献血コラボ漫画」キャンペーンのことを取り上げれば、炎上でも献血は増えるという相関関係を示した

▼献血のおかげで人の命が助かっている

献血いただいている方の約70%は50歳未満の方々であり、この世代の方々が輸血医療を大きく支えています。しかし、若年層(10~30代)の献血者数は減少傾向にあります。

特に10代から30代の献血者数がこの10年で35%も減少しているとのことです。

1 2