1. まとめトップ

まずは上手い人を真似てみる!ユーモアのセンスがある人になるには?

手本となるトークが上手い人を見つけて県境するのが近道…誰もが身につけたいユーモアセンスは一朝一夕では身に付きませんので、テレビに出演しているお笑い芸人などを真似てみるのも良いでしょう。あとは知識を増やす、ボキャブラリーを増やすことが会話の幅を広げることにつながります。

更新日: 2019年12月01日

5 お気に入り 490 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

・トークが上手い人を研究する

ユーモアセンスとは実際に見ることで磨かれていくので、話が上手な人や会話を盛り上げることが上手な人を見つけましょう。

一番手っ取り早いのは、芸人さんでしょう。
芸人はその道のプロなので、どのような話し方をしているのかを研究します。

会話の間やテンポ、言葉のチョイスなど、色々な事から学習できます。
また、人気の講演会などに行くと、どのようにして人を引きつけているかを見ることが出来るでしょう

・ボキャブラリーを増やす

ユーモアセンスには言葉が必須です。
そのため、ボキャブラリーを増やしましょう。

本を読む、辞書を読む、映画を見るなどして、知らない言葉があればそれを日常的に取り入れるようにします。
また、単語だけではなく言葉の言い回しや、ことわざ、四字熟語なども知っておくのもおすすめです。

ボキャブラリーを増やしていけば、同じ意味でも違う言葉がどんどん浮かぶようになります。
そのチョイスがユーモアセンスに繋がっていくでしょう。

・人の性格や特徴を把握する

ユーモアセンスとは、人によっていかに対応するかにもかかっています。
そのため、人それぞれのパーソナリティも重要です。

人の性格を理解していなければ、ユーモアセンスで行ったことが、逆にその人を不快にさせることもあるのです。

人はそれぞれ地雷が違いますし、懐の深さも違います。

それらを把握しておかなければユーモアセンスがあるとは言えないでしょう。

・頭を柔らかくする

頭が固い人は、残念ながらユーモアがある人にはほど遠いと言わざるをえません。

臨機応変に対応したり、言葉の言い回しを咄嗟に変えるなどができるのは、頭が柔らかいからですよね。

「○○はこうだ!」「この方法が一番いいに決まっている」

こんなふうに自分の中で決めつけてしまうと、なかなか考え方を変えることはできません。

特に自分が経験したことに関しては、「自分が実際に○○だったから、○○がいいんだ」と決めつけてしまいがち。

実際には別の方法があったとしても、それに気づくことができなくなってしまいます。

できるだけ頭を柔らかくして、多方面から物事を見られるようになるといいですね。

・映画や読書で言葉のボキャブラリーを増やす

ユーモアがある人になる方法は、ユーモアがある人になるためには映画や読書で言葉のボキャブラリーを増やすことが挙げられます。

自分で使える言葉を増やしていきましょう。

特に、時事問題に関する情報は頭に入れておくことをおすすめします。

言葉のボキャブラリーを増やせれば、自然に会話の引き出しも増やすことができますね。

ボキャブラリーが少ないと、せっかくのおもしろい話も曖昧になり、周りが冷めてしまいます。

「アレだよアレ‥この間テレビでやってたやつ!」

なんて表現をされても、上手く伝わりませんよね?

これでは意味がありませんから、「知らない言葉を1日3つ覚える」など目標にしてみることもおすすめです。

・敏感になる

人の気持ちやその場の空気に敏感になることで、相手を思いやる気遣いや、空気の変え方を習得できます。相手の気持ちを考えず、自分の感情を押し付けていては、いつまでもユーモアのセンスがある人にはなれません。自分の感情は一旦横に置いておいて、他のものに目を向けてみましょう。

敏感になると、聞き上手にもなれるはず。話し上手は聞き上手でもあります。聞き上手になれば、話し方も変わって、それが他の人を夢中にさせる話し方へとつながっていくはずです。

・言葉を覚える

ユーモアのセンスがある人は、豊富な言葉を駆使して話します。そのために、本や辞書などを見て今まで知らなかった言葉を覚えましょう。同じ意味でも多数の言葉がある日本語。うまく扱えるようになれば、話しをするときに、よりおかしく話せるはず。

・時には別の角度から物事を見る

「え?」と意表を突かれる発言も、ユーモアの魅力です。わかりきった当たり前の意見を聞いても、新鮮な驚きやおもしろさはありませんが、お馴染みのものでも別の視点で見ると、思わぬ発見があるものです。ユーモアのある人を目指すなら、物事を多角的に見るクセをつけましょう。

ユーモアセンスを鍛えるトレーニングとして、1つの物事に対して「まっとうな意見」「ひねくれた意見」「ファンタジーな意見」など、角度を変えて複数の意見を考えてみましょう。思考が柔軟になり想像力が高まります。また、十人十色の人の意見にも共感し、相手に寄り添った言葉を選べるようになります。

1 2