1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

16奪三振で完封!イチロー草野球デビューが衝撃的すぎるw

今季現役を引退したイチロー氏(マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター)が結成した草野球チーム「KOBE CHIBEN」が智弁和歌山高校の教職員チームと対戦しました。

更新日: 2019年12月01日

5 お気に入り 16317 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●7年ぶりに日本で公式戦に出場したイチロー氏

米国東部時間では2試合とも午前5時半試合開始という時間帯でしたが、メジャーなスポーツ専門局「ESPN」が全米中継

日米通算4367安打の大打者、米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手

7年ぶりに日本で公式戦出場した20日と21日の開幕2連戦もノーヒットだった。

・しかし、試合途中にMLD公式サイトがイチロー外野手が引退すると報じた

●引退会見では、数々のイチロー節が大きな反響を呼んだ

弓子夫人についての質問を受けると、「いやぁ、頑張ってくれましたね。一番頑張ってくれたなと思います」と話した。

【イチロー引退会見】愛犬・一弓(いっきゅう)にも感謝の思い 「愛犬の柴犬は今年で18歳。おじいちゃんでフラフラだけど懸命に生きてる。その姿を見たら『俺頑張らなくちゃな』と思った。現役を終えるときまで一緒に過ごせるとは思っていなかったので感慨深い。妻と一弓には感謝の思いしかない」

●そのイチロー氏が草野球デビューを果たした

【9番・投手】イチローが草野球デビュー「僕の夢が叶いました」 news.livedoor.com/article/detail… 智弁和歌山の教職員チームとの試合に背番号「1」で登場。初回は2つの空振り三振を奪うなど三者凡退に抑えた。 pic.twitter.com/ym4Uvf1Bcc

・智弁和歌山高校の教職員チームと対戦

対戦相手は智弁和歌山中高の教職員約20人で結成した「和歌山智弁」。藤田清司理事長(65)が背番号51をつけて、監督兼DHで出場

スタンドには智弁和歌山高のOBらで構成された応援団も参加。ブラスバンド部OB、OGの演奏に加え、両軍に声援が送られた。

・「神戸智弁」の1番を背負い、三振を奪うなど堂々のピッチング

初回のマウンドに上がると、2つの空振り三振を奪うなど三者凡退。2回も2三振を奪い三者凡退で抑えた。

1点リードの2回2死一、三塁で迎えた1打席目は、初球を見送って暴投となり1点を追加。2死二塁と状況が変わると見逃し、ボール、見逃し、ボール、ボールと1度もバットを振らずに四球を選び、一塁に小走りで向かった。

・9回まで1人で投げ抜き、16奪三振を奪い勝利!

【躍動】イチロー、草野球で16K完封!打っては3安打猛打賞 news.livedoor.com/article/detail… 草野球チーム「神戸智弁」の「9番・投手」として、ほっともっとフィールド神戸で念願の草野球デビューを果たした。 pic.twitter.com/fPob4LJXzM

1 2 3