1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼冬に爆発的に流行する

インフルエンザでは、咳やのどの痛みなどの呼吸器の症状だけでなく、高熱、全身のだるさ(倦怠感)、食欲不振などの全身症状が強く、しばしば、頭痛や関節痛・筋肉痛など呼吸器以外の症状を伴います。

潜伏期間は1~4日(平均2日)で多くの場合1週間程度で治りますが、乳幼児や高齢者、基礎疾患を持つ方の中には、肺炎を併発したり、基礎疾患の悪化を招く場合があります。

飛沫感染や接触感染により感染するため、発症したことが確認されると学校への出席を停止するよう、学校保健安全法という法律で定められています。

▼そんな「インフルエンザ」ですが喫煙者は感染しやすい!?

タバコを吸うとインフルエンザにかかりやすくなります。また、インフルエンザにかかった場合、重症化しやすくなります。

イギリス・ノッティンガム大学のLawrence Hannah氏の研究グループで喫煙とインフルエンザ感染の関連を調べたところ、喫煙者のインフルエンザ発症リスクは、非喫煙者の5倍にもなったという。

喫煙によって免疫が弱くなると言われている

受動喫煙のないマウスと比較して、インフルエンザウイルスを退治するインターフェロンと言う免疫物質を作り出す白血球(Tリンパ球)の数が、3分の1に激減。

喫煙者はインフルにかかりやすい… マジか。 インフル菌なんかに負けてしまった 申し訳ない(._.)

喫煙者はインフルになりやすかったり症状ひどいなーと思って調べてみたらやっぱり喫煙者はインフルになりやすいってなってた。

また・・・

喫煙をする方が、かぜやインフルエンザにかかると、肺炎になる危険性が 2~3倍高まることが、わかっています。

電子タバコを使用すると、男性よりも女性の方がインフルエンザに罹りやすい可能性があるという。

▼ワクチンを打っているから大丈夫!?

また、喫煙者の場合、インフルエンザの予防ワクチンの抗体の効力が減退するスピードが速い。

抗体による免疫の持続期間は5ヶ月ほどといわれているが、せっかくワクチンを接種してもタバコを吸わない人に比べてインフルエンザにかかる危険性も高くなるまでの期間が短くなる

喫煙者はインフルエンザや風邪にかかりやすく、より重症化しやすいようです。 さらに、インフルエンザの予防ワクチンを打っていたとしても、 #喫煙 している場合、抗体の効力が減退するスピードが速く、すぐにまたインフルエンザにかかる危険性が高くなるようです。 news.yahoo.co.jp/byline/ishidam…

▼さらにこんな理由も・・・

1 2