1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

佐藤二朗主演でまさかの実写化!『浦安鉄筋家族』が楽しみ

まさかの実写ドラマ化発表に驚きの声が挙がっていたマンガ『浦安鉄筋家族』シリーズ。このたび、主演を佐藤二朗が務めることが発表された。監督は『おっさんずラブ』の瑠東東一郎、脚本は「ヨーロッパ企画」上田誠。

更新日: 2019年12月06日

8 お気に入り 16730 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆2度もアニメ化された人気ギャグマンガ『浦安鉄筋家族』

「浦安鉄筋家族」は千葉県浦安市を舞台に、主人公の小学生・小鉄とその周りの個性的な人々が引き起こすドタバタを描いたギャグマンガ。過去には2度アニメ化されている。

実在するプロレスラーや芸能人、有名アニメや漫画キャラクターに似た登場人物が出てくるパロディーや過激な下ネタが多い作品となっている。

「浦安鉄筋家族」終了後、「元祖!浦安鉄筋家族」「毎度!浦安鉄筋家族」とタイトルを変えながら、現在は最新シリーズ「あっぱれ!浦安鉄筋家族」が連載。

◆まさかの実写化が発表され、ネットでは驚きの声が挙がっていた

人気ギャグ漫画『浦安鉄筋家族』(作者・浜岡賢次)が実写ドラマ化されることが、連載誌『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)52号にて発表された。

扉ページには「浜岡先生は信じてないけど………マジのマジの大マジで実写ドラマ化!!」との煽り文が綴られている。

キャラクターたちの過激な行動や世界観もありネット上では「浦安鉄筋家族ドラマ化ってまぢ?」「うそだろ、誰が演じるんだよ…」「動き方とかどう再現するんだよ。走り方とかジャンプ力とか人間じゃ無理」などと、まさかの実写化に驚きの声があがっている。

◆そんな中、佐藤二朗が主演することが発表された

「浦安鉄筋家族」ドラマの主役は佐藤二朗演じる大鉄!“テレ東史上最大の問題作”に(コメントあり) natalie.mu/comic/news/357… pic.twitter.com/Zc5yWPh6Hh

『浦安鉄筋家族』がドラマ化され、4月期のテレビ東京系ドラマ24枠(毎週金曜 深0:12※テレビ大阪のみ翌週月曜 深0:12)で放送が決定。

ドラマ版大沢木大鉄(おおさわぎ・だいてつ)役で、俳優の佐藤二朗が主演する。

同枠は、「きのう何食べた?」や「勇者ヨシヒコ」シリーズ、現在放送中の「孤独のグルメ Season8」など数々のヒット作を生み出し。

◆初のドラマ化で『おっさんずラブ』の瑠東東一郎が監督を務める

脚本は『前田建設ファンタジー営業部』『夜は短し歩けよ乙女』などの「ヨーロッパ企画」上田誠という超強力な布陣。

◆気になるストーリーは?

限りなく東京に近い千葉、浦安。“夢の国”から少し外れたところに、パワフルでハチャメチャな家族、大沢木家が住んでいた。

お父さんの禁煙作戦には家族総出で大乱闘、外食すればなぜか大食いバトルへ発展し、息子が熱を出せば近所を巻き込んで、なぜかベビーファイトからのマザーファイトが始まってしまう……。

◆佐藤らのコメントも届いた

「僕が演じる大鉄はとにかく超テキトーでだらしがない人。これは、もう、役作りは不要。なんなら演じることも不要。なにせ精神年齢8歳の50歳児の僕です。テレ東さんと手を携え、地上波のギリギリに、ふにゃふにゃしながら挑みたいと思っています。」

佐藤のコメント

「『テレ東史上最大の問題作にして下さい』プロデューサーからの第一声がこれです。『そんなオーダーのパターンある?』と思いつつ、非常に熱く燃えております。前代未聞の問題作に昇華出来ればと思います。」

瑠東監督のコメント

「地上波のコンプライアンスが厳しくなってきた昨今、一番実写化に向いていない作品なのではないかとも思います(笑)。『テレビ東京にしかできない』いえ、浦安市出身で原作をこよなく愛する『私にしかできない』ドラマ作りにチャレンジしたいと思います。」

藤田絵里花プロデューサーのコメント

1 2