1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

痛ましい…島根で児童相談所保護から帰宅していた児童が死亡

島根から痛ましすぎるニュースが入ってきました。なんと、児童相談所から一時帰宅していた児童が死亡していたということです…。

更新日: 2019年12月02日

4 お気に入り 33344 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■島根県から痛ましすぎるニュースが入ってきた

2日午前、島根県安来市のアパートで小学生の男の子と母親が血を流して倒れているのが見つかり、男の子はその場で死亡が確認されました

通報を受け、駆けつけた警察官が現場を確認したところ、部屋の中で母親と小学生の男の子が血を流して倒れているのを発見

男児はその場で死亡が確認され、母親は病院に搬送されたが、意識不明の重体という

■いったどういうことなのか…?

安来市の職員から「児童相談所の一時保護が解除され自宅へ戻った小学生の男の子が学校に来ないので、自宅に行くと血のようなものが見えた」と通報

警察官が窓を壊して中に入ると、小学生くらいの男の子が血を流してすでに死亡していました。近くでは女性が意識がもうろうとした状態で正座していました

夫とみられる男性は、病気で入院しているという。警察は、殺人や無理心中の可能性も視野に捜査している

■何とも奇怪な事件にネットも困惑

前も児相関連で同じようなこと無かったか…。。 小学男児が室内で死亡 児相保護解除の7日後に 島根県安来市 twitter.com/i/events/12014…

またしても、痛ましい… 児相戻りの小学男児が死亡、近くで意識がもうろうとした女性が正座 島根・安来市 (AbemaTIMES) - LINE NEWS news.line.me/articles/oa-rp… #linenews @news_line_meより

小学男児が室内で死亡 児相保護解除の7日後に 島根県安来市: twitter.com/i/events/12014… こういう例を見るたび、福祉に必要なのは児童相談所じゃないのではないかって気がする。

■少し前にも似たようなニュースが…

■女児を返すべきではなかった

児相に対し、心愛さんに書かせた「お父さんにたたかれたというのはうそ」との書面を示して心愛さんの帰宅を要求。「これ以上家庭を引っかき回すなら、職員個人を名誉毀損(きそん)で訴えることも検討している」と発言

父親の行動です。

心的外傷後ストレス障害(PTSD)で家族との同居は困難と精神科医が示した診断結果も反映されず、同年12月に一時保護は解除された。川崎氏は「女児を帰すべきではなかった」と批判

虐待の恐れを認識しながら、心愛さんを自宅に戻す決定をするなど、リスクを放置した県柏児童相談所の責任が改めて浮き彫りになった

■昨今、子供に対する虐待が増えている

厚生労働省から公表された「平成30年度の児童相談所による児童虐待相談対応件数(速報値)」では件数は15万9850件。前年度より2万6072件(19.5%)増え、過去最多を更新

刑法犯の認知件数が二〇〇二年をピークに減り続ける中、ドメスティックバイオレンス(DV)の検挙は十倍超となり、児童虐待やインターネットを使った犯罪も増えたのがこの三十年間の特徴

1 2