1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

2019年2月のプロ野球の出来事

東京ヤクルトスワローズは4日、公式ツイッターを更新。今季から、同球団OBのアーロン・ガイエル氏が編成部アドバイザーに就任することを発表した。選手としては2007年から2011年まで在籍し、強打の外野手として活躍した同氏の復帰に、多くのファンから喜びの声が上がっている。

 ガイエル氏は2002年にカンザスシティ・ロイヤルズでメジャーデビュー。2年目には99試合出場、打率.277、15本塁打、52打点と活躍した。だが、この年を境に成績は低下傾向で、2006年シーズン途中でニューヨーク・ヤンキースに移籍した。この頃、元阪神タイガースのジョージ・アリアス氏から日本球界についての話を聞いており、興味を持ったという。

 2007年にはヤクルトに移籍し、142試合に出場。打率.245ながら35本塁打、79打点と長打力を活かして好成績を収めた。低打率ながら高い出塁率、安定した外野守備も魅力で、真面目な練習態度も相まってファンから絶大な人気を誇った。しかし、2011年には成績の低下、同じポジションに台頭したウラディミール・バレンティン外野手の存在もあり、惜しまれながら現役引退を決意した。

オリックス・バファローズは4日、元東京ヤクルトスワローズの成瀬善久投手を獲得したと発表した。背番号は46となる。

 プロ16年目となる成瀬。千葉ロッテマリーンズ時代の2007年には、24試合に登板し、16勝1敗、6完投、4完封、138奪三振、防御率1.82の成績で、最高勝率と最優秀防御率の投手二冠に輝いた。14年オフにフリーエージェント(FA)権を行使してヤクルトに移籍したが、いずれの年も結果を残せなかった。

 昨季は2005年以来となる1軍登板なしで、10月に戦力外通告を受けていた。新天地で再起をはかる33歳は、今季が正念場となりそうだ。

ルイス・ヒメネス選手との間で育成契約を合意しましたのでお知らせいたします。
なお、背番号は124です。

石井 一久ゼネラルマネージャー コメント
ルイス・ヒメネス選手と育成契約を合意しましたのでご報告させていただきます。ヒメネス選手は非常にバットコンタクトがよく、守備がうまい選手です。チームが困った時に助けてくれる選手だと思っています。

ドラゴンズニュース
ブリトー選手と育成選手契約
2019/2/22
中日ドラゴンズはテスト生として春季キャンプに参加していたサンディ・ブリトー選手と本日(2月22日)、育成選手として契約しましたのでお知らせいたします。背番号は201です。

引退試合を行うため育成契約を結んでいた中日の荒木、岩瀬
 日本野球機構(NPB)は4日、引退試合のため育成契約を結んでいた中日の荒木雅博内野手、岩瀬仁紀投手を自由契約選手として公示した。

中日ドラゴンズは、岩瀬仁紀投手と荒木雅博内野手と育成選手契約を結んだ。背番号は、岩瀬が「204」、荒木が「207」となる。NPBが1日、公示した。

 中日は、あす2日から始まる千葉ロッテマリーンズとの2連戦(オープン戦、ナゴヤドーム)で、両選手の引退試合を予定。それを前に、育成選手として契約し、試合出場を可能にした格好だ。

 岩瀬は、西尾東高、愛知大、NTT東海を経て1998年ドラフト2位で入団。2005年には60試合で当時のプロ野球記録となる46セーブを挙げた。最多セーブを5度、最優秀中継ぎ投手のタイトルを3度手にしている。昨季は兼任コーチの役割も担いながら48試合に出場し、2勝0敗、3セーブ、10ホールド、防御率4.63の成績だった。

 荒木は、熊本工から1995年にドラフト1位で入団。俊足巧打、そして堅い守備を武器に活躍し、2004年から2009年にかけては6年連続ゴールデングラブ賞を獲得。2004年から2006年にはベストナインに選出され、2007年には31盗塁をマークし盗塁王のタイトルに輝いた。通算378盗塁は球団記録で、2000安打も達成している。

読売巨人軍は2日、育成契約の坂本工宜投手(24)と支配下選手契約を結び、東京ドーム内で記者会見を開きました。新しい背番号は「58」に決まり、この日のヤクルトとのオープン戦でも着用してベンチ入りしました。

 関西学院大の準硬式野球部出身で2016年秋の育成ドラフト4位で入団した坂本工投手は、硬式のエリートが集まるプロ野球界では異色の存在です。17年は三軍で31試合、昨年はイースタン・リーグで23試合に登板しました。

白村選手の守備位置登録変更について

北海道日本ハムファイターズは3月12日(火)、白村明弘選手の守備位置登録を下記の通り変更しましたので、お知らせいたします。
【変更前】投手
【変更後】外野手

広島東洋カープは14日、フアン・サンタナ内野手と育成選手契約を締結したと発表した。

 背番号は「146」をつけるサンタナは、ドミニカ共和国出身の24歳。身長181センチ、体重100キロの体格をもつ内野手だ。

 サンタナは球団を通じて、「守備面は菊池選手のように、打撃面はバティスタ選手のようになりたいです。試合でも自分の持ち味であるパワーを活かせるバッティングが出来る事が特長です。一生懸命頑張って、早く一軍に昇格したいです」とコメントしている。

 広島では、カープアカデミー出身のサビエル・バティスタ外野手やヘロニモ・フランスア投手が、主力として活躍している。サンタナも後に続くことができるか期待がかかる。

3月26日、開幕を目前に控えたこの日、楽天とDeNAの間で交換トレードが成立し、両球団から発表された。楽天からDeNAに濱矢廣大投手が移籍し、DeNAから楽天には熊原健人投手が移ることになる。

濱矢は2013年ドラフト3位で楽天へと入団。ルーキーイヤーに初先発初勝利をマークするも翌年からは中継ぎに専念。
貴重な左腕として昨シーズンまでに38試合の登板し、3勝0敗、防御率6.28の結果を残している。2016年には13試合に登板したが、その後は登板機会が減少。昨シーズンは7試合の登板にとどまっていた。

一方の熊原は2015年ドラフト2位でDeNAへと入団。1年目から18試合に登板し期待されたものの、2年目は4試合の登板に終わってしまう。昨シーズンはプロ入り後初めて一軍での登板機会がなかった。柴田高校、仙台大学出身であり、仙台は地元となる。本拠地・楽天生命パークで2年ぶりの一軍登板に期待がかかる。

横浜DeNAベイスターズは、熊原健人選手と東北楽天ゴールデンイーグルス所属の濱矢廣大選手による交換トレードに合意いたしましたので、お知らせいたします。

「突然のことでビックリしています。3年間在籍し、監督、コーチ、選手、裏方の皆さん、出会う人に恵まれました。また、ファンの皆さんから送っていただいた大きな声援は一生忘れません。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。横浜で経験したことを、仙台の地でも発揮して良い報告ができるよう、頑張ります」

3月26日(火)、育成枠だった川原弘之投手と周東佑京選手が支配下契約を結び、ヤフオクドームにて会見が行われました。ホークスで育成枠から支配下登録されたのは27、28人目(28、29例目)となりました。新しい背番号は川原投手が「63」、周東選手が「23」となります。

川原投手は福岡県福岡市出身の27歳左腕。福大大濠高校から2009年ドラフト2位で入団しました。2012年にウエスタン・リーグで158キロをマークし1軍デビューも果たしましたが、その後は左肩や左肘の手術を受けるなど度重なる故障に苦しみ、2015年オフから育成選手となっていました。その中で昨年からマウンドに本格復帰。昨季の2軍戦では34試合3勝2敗5セーブ、防御率1.75の成績を残していました。

今年はキャンプ途中からA組に昇格。復活した150キロ超の力強い直球を軸にしてオープン戦では8試合に登板して0勝0敗2セーブ、防御率0.00。6.1回を投げ被安打2、無失点とアピールを続けていました。

川原投手は「入団して10年間も待っていただいた球団に感謝の気持ちでいっぱいです。今年に関しては出来ることを精一杯やって来ました。支配下復帰を常に意識をしていました。いつかは勝ちパターンで投げられるピッチャーになりたい。1度目の戦力外、そして肩の手術をして、肘もして、3回僕の野球人生は終わってもおかしくなかった。これからは野球を出来る幸せを噛み締めながらプレーをしたい」と話しました。

周東選手は群馬県出身の23歳。東農大二高から東京農業大オホーツクを経て2017年育成ドラフト2位で入団しました。「普通の内野ゴロをヒットにしてしまう」と周囲が驚く俊足が大きな武器。今年は春季キャンプスタートからA組でアピールを続け、持ち味の足に加えて、内外野を守れる守備力でも存在感を示してきました。

周東選手は「やっとプロとしての一歩目です。(登録を)聞いたときには本当に嬉しくてニヤケが止まりませんでした(笑)。これから1軍の戦力として見られるので責任も大きくなる。背番号23はホークスでは足の速い選手の象徴。23番は周東だと全国の皆さんに覚えて頂けるように頑張ります」と意気込みを口にしました。

松田宣浩選手が3月29日(金)のライオンズ1回戦(ヤフオクドーム)で本塁打を放ち、プロ通算1500本安打を達成しました。プロ野球史上125人目の記録です。

松田選手は滋賀県出身。中京高校から亜細亜大学を経て、2005年大学・社会人ほかドラフト希望枠でホークスに入団しました。2006年3月25日の開幕戦(マリーンズ戦・ヤフードーム)にルーキーながら開幕スタメンで名を連ね、3日後の28日、ライオンズ1回戦(ヤフードーム)の3回裏に帆足和幸投手から左越え二塁打を放ちプロ初安打をマークしました。

その後レギュラーに定着すると、「試合に出続けることを信条」とし、2015年から昨年までは毎年フル出場を続け、2010年からは9年連続で100安打以上を記録してきました。今季から背番号5に戻し、「初心に返る」という“熱男”は「どんな時も声を出す」と元気いっぱい。「今年で36歳の年男ですが、キャリアハイを目指します」と語る男の今季1本目の安打が、メモリアルな一打となりました。

千葉ロッテの2番手として6回表に登板した酒居知史投手は、初球で嶋基宏選手を打ち取り、球界史上初となる「1球で開幕戦勝利投手の権利」を得た。

1