1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

各世代ごとのポケモンの対戦環境を解説していきます。

2002年 11/21 ポケットモンスター ルビー・サファイア 発売

前作との互換性の廃止。

これにより、第2世代で捕まえたポケモンを連れてくることができなくなった。

「ダブルバトル」の追加

新たなバトル方式として登場。シングルとはまた違った戦術が必要となり、また以降の大会ではこの対戦方式が用いられる事となる。

ポケモンの「とくせい」が追加された

全てのポケモンに一つ(種族によっては二つのうちランダムで一つ)タイプとは別に「とくせい」が追加された。
これによってポケモンの個性付けが強くなり、天候パーティの価値等が大きく上昇した。

ポケモンのステータスにの「性格補正」の登場、努力値の振り分け式への変化、個体値の拡張

「最速」の条件も厳しくなり、また天候変更特性の登場により「最鈍」の必要性も出てきた。
また、今のレベル以下で覚えられるわざをハートのウロコと引き換えに思い出せるようになり、このシステムは後のバージョンにも引き継がれていった。

2003年 11/21 ポケモンコロシアム 発売

きのみの種類が追加された

ピンチのとき(HPが1/4以下のとき)に能力が上昇する各種きのみが登場した。
これにより、こらえる、みがわり等を用いて、あえてきのみを使用するHPまで減らして挽回に出るコンボが使用される様になった。

ジョウトポケモンの解禁

金銀で新しく追加されたポケモンが手に入るようになりこれによってルビー・サファイアで一時的に使えなかったポケモンが使える様になった。
進化後ポケモンが殆どで、この時期にはメタモンも捕獲する手段が無い事もあり、♂の多いジョウトの御三家ポケモンのタマゴの獲得には苦労するが…
このジョウトポケモンはGBAではしばらく完全には補完されず、このゲームは重宝された。

2004年 1/29 ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン 発売

カントーポケモンの解禁

この発売時点でミュウ、ルギア、デオキシス以外の全てのポケモンが手に入る事に。
当然メタモンも解禁され、個体値選びが楽に。
さらにポケモンコロシアムで解禁されたジョウトポケモンも解禁された。

「教え技」の登場。 通称御三家最強技の登場。

レベルアップ、遺伝、わざマシンの使用以外で、わざを覚えられるようになった。
一部のもの以外は、後の世代では覚えられず、わざのためにはGBA版の方で粘る必要もあった。
ちなみに覚える技は、「リーフプラント」「ブラストバーン」「ハイドロカノン」である。

2004年 9/16 ポケットモンスター エメラルド 発売

新しいきのみの追加

「対応するきそポイント(努力値)を下げる」と言う、間接的にバトルに関わるものと「ピンチのとき(HPが1/4以下のとき)にきゅうしょにあたりやすくなる(きあいだめ状態)」サンのみ「ピンチのとき(HPが1/4以下のとき)にいずれかの能力が2段階上昇する」スターのみが追加された。

「教え技」の充実(バトルフロンティアにて技教え人の登場)

後の世代にて、この技教え人を利用することでしか習得できない技の組み合わせが存在する。
またポケモンによっては後に追加された新特性、新タマゴ技との両立できなかったりするので注意。
(例:ガルーラのきもったま ノコッチのマジックコート ケンタロスのいかりのつぼ)

2005年 8/4 ポケモンXD 闇の旋風ダークルギア 発売

「XD技」の登場。

本来覚えられない技を覚えたポケモンが次々と登場。
特に手助けを習得したヨマワル等は現在に於いても有用性が非常に高く、このソフトは重宝されている。
また、XDでも技教えがあり、このソフトを用いて実現出来る自爆カビゴンは凶悪な性能だった。
タイトルにもなっているルギアはサイコブーストとフェザーダンスを思い出す。
サンダーは金属音、バトンタッチなどで注目されたが、捕獲後強制レポートと仕様の為、その戦闘でのダメージ率や素早さ調整をフル活用しないと厳選が出来ない。

代表的なポケモン

禁止伝説級の中でもトップメタのポケモン。
高くて合理的な種族値、優秀な特性などスキがないポケモンである。
伝説を利用できるGSルールでは猛威を振るった。

1 2