1. まとめトップ

薬剤師の単発派遣とは?知っておくべきメリットとデメリット|まとめ

今回は、薬剤師の単発派遣とは?知っておくべきメリットとデメリットについてまとめました。単発派遣で働く前に注意すべき条件についてもご紹介します。「スキマ時間に働きたい!」「空いた日に1日だけ働きたい!」というような働き方を検討している薬剤師の方は、是非ご覧ください!

更新日: 2020年01月06日

2 お気に入り 192 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

今回は、薬剤師の単発派遣とは?知っておくべきメリットとデメリットについてまとめました。単発派遣で働く前に注意すべき条件についてもご紹介します。「スキマ時間に働きたい!」「空いた日に1日だけ働きたい!」というような働き方を検討している薬剤師の方は、是非ご覧ください!

sfb160さん

「薬剤師求人の単発派遣って一体どのような内容なの?」と疑問を持っている薬剤師の方は多いのではないでしょうか?

そこで、今回は薬剤師の単発派遣とは何か、単発派遣のメリットやデメリット、単発派遣で働く前に注意すべき条件についてご紹介していきます。

・空き時間にサクッと稼ぎたい。
・自分の都合に合わせて短期間だけ働きたい。

などと単発派遣の薬剤師に興味がある方や、薬剤師の短期バイトについて情報収集したい方は、是非ご覧ください!

薬剤師の単発派遣とは?

薬剤師の単発派遣とは、「30日以内・週20時間未満」で勤務することを「単発派遣」と言います。

そのため、数ヶ月~1年単位で雇用契約を結ぶ一般的な派遣とは異なり、週1回の勤務や月に何日間か働くことを「単発派遣」というように表現します。

薬剤師の単発派遣とアルバイトの最も大きな違いとして、雇用契約先が「派遣会社」なのか、ドラックストアや薬局などの「就業先」なのかという点で違いがあります。

単発派遣の場合、給料の支払いや保険などの福利厚生は登録先の派遣会社が支払うことになります。

単発派遣の薬剤師として働くメリット

ここまで、薬剤師の単発派遣とは何か、アルバイトとの違いについてご説明しました。

では、単発派遣の薬剤師として働いた場合、どのようなメリットがあるのでしょうか?

ここからは、単発派遣の薬剤師として働くメリットを3つご紹介していきます。

単発派遣の薬剤師として働くメリットとして、最もよく挙げられる点は「時給の高さ」です。
一般的にアルバイトで働く薬剤師よりも時給が高く、単発の求人ではおよそ時給2800~3300円になるケースが多いです。

また、単発派遣は原則的に残業をする必要がなく、仮に残業を場合でも1分当たりの残業代が支給される点は、単発派遣の魅力と言えるでしょう。

自分の好きなタイミングで働くことができる点は、単発派遣で働く薬剤師のメリットになります。

現在、アルバイトやパートの薬剤師として働く中で、「決まった曜日に出勤するのではなく、自分で指定した曜日で働きたい!」と考えてる方には、特に合っている働き方であると言えます。

また、スキマ時間を有効活用して稼ぎたい薬剤師の方にも「副業」として働くことも可能となるため、時代の流れに合った働き方ができます。

単発派遣で働く薬剤師のメリットとして、「引き抜きにあう」ことが挙げられるでしょう。

薬剤師の単発派遣では、1ヶ月の間に様々なドラックストアや薬局で働くことが可能になります。

調剤機器やレセコンメーカーなど企業によって異なるものを導入しているため、幅広い機器に触れることができ、その経験は強みになります。

そのため契約が満了する際は、連絡先を聞かれ「正社員になる気はない?」といって誘われるケースがあります。

働く環境を把握した上で、正社員として働くことができたり、給料や待遇を直接交渉できたり、一般的な転職活動よりも条件が良い可能性もあるでしょう。

単発派遣で効率よく働くための2つの方法
単発派遣はそもそも求人が少なく人気も高いため、何よりも「紹介される求人の数を増やす」ことが重要になります。

単発派遣の薬剤師として働くデメリット

ここまで、単発派遣の薬剤師として働くメリットについてご説明しました。

一方で、単発派遣の薬剤師として働いた場合、どのようなデメリットが挙げられるのでしょうか?

ここでは、単発派遣の薬剤師として働くデメリットを3つご紹介していきます。

1つの薬局で単発派遣の薬剤師として働く場合は、店舗を任せられるケースがあります。

なぜなら、単発派遣で即戦力として薬剤師を活用することで、正社員を休ませる企業が存在するためです。

例えば、土曜日の午後以降は店舗を任せられたり、平日の患者さんの来客数が少ない曜日の午後~締めの時間帯まで任せられたりするケースがあります。

そのため、臨機応変に対応できる能力や、現場でのコミュニケーション能力に不安がある方は、単発派遣は厳しいと言えるでしょう。

単発派遣の薬剤師として働く場合は、一時的な経験を積むことはできますが、役職を上げて現場の管理職になるといったキャリアアップは望めません。

単発派遣での働きが認められた場合は、ドラックストアや薬局から正社員への引き抜きにあう可能性もありますが、逆に会社に不利益を起こしてしまった場合は、派遣切りに合うリスクもあります。

そのため、将来的に正社員の薬剤師として働く意思がある場合は、しっかりと将来のキャリア設計を考えて行動する必要があるでしょう。

単発派遣の薬剤師は雇用先が派遣会社になるため、ボーナスや退職金が出ることはほとんどありません。

薬剤師として、派遣先であるドラックストアや薬局でにどれだけ貢献しても、いくら長く働いても、派遣先からボーナスや退職金が支給されることはないと言えるでしょう。

単発派遣の薬剤師は、条件によっては有給休暇などの福利厚生を活用することができますが、ボーナスや退職金が発生する可能性はほぼ無いとい言えるため、働く前は雇用先に確認してみると良いでしょう。

社会的信用が低くなるというデメリットもあります。
派遣社員という身分は社会的信用が低く住宅ローンが組めない、一部のクレジットカードの審査が通らないことがあります。

薬剤師の単発派遣で注意すべき条件!

ここまで、単発派遣の薬剤師として働くデメリットについてご説明しました。

単発派遣は正社員に比べると「時給が高い」などのメリットや、「キャリアアップが望めない」などのデメリットが挙げられますが、単発求人を応募する前に必ず注意すべき条件があります!

ここからは、薬剤師の単発派遣で注意すべき条件についてご紹介していきます。

単発派遣で注意すべき条件とは?

2012年10月の労働者派遣法改正によって、「30日以内の短期間の労働契約が原則的に禁止」になってしまいました。

しかし例外として、以下の4つの条件の中のいずれかに当てはまっていれば、単発派遣の薬剤師として勤務できるのです。

▼単発派遣が例外的に認められる薬剤師
・60歳以上の高齢者
・雇用保険が適用されない学生
・本業の年収が500万円以上の方
・主たる生計者でなく、世帯年収が500万円以上の方

このように学生や高齢者、世帯収入が500円以上ある家庭は当てはまります。

世帯年収が500万円以上ある家庭で、パートではなく単発で薬剤師として働きたいという主婦の方は、おすすめでしょう。

薬剤師の単発派遣とは?メリットとデメリットについて|まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、薬剤師の単発派遣とは何か、単発派遣のメリットやデメリット、単発派遣で働く前に注意すべき条件についてご紹介しました。

単発派遣の薬剤師は、給料や待遇が良い一方で、多くのスキルや即戦力が期待されるポジションでもあります。

もし、今はまだ「求められるスキルに達していない」と感じていても、これからスキルを積み、単発派遣の薬剤師の仕事ができるように準備しておくことが大切となるでしょう。

1