1. まとめトップ

“天才大喜利少女”に騒然..日向坂46「上村ひなの」の才能がヤバすぎる件

オードリーも絶賛、日向坂46「上村ひなの」の天才的な大喜利の回答が話題に

更新日: 2019年12月03日

3 お気に入り 19737 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

オードリーも絶賛、日向坂46「上村ひなの」の天才的な大喜利の回答が話題に

solmesさん

▼今最も勢いのあるアイドルグループ「日向坂46」

日向坂46(ひなたざかフォーティーシックス、Hinatazaka46)は、日本の女性アイドルグループ

2015年11月30日に結成。2019年2月11日までけやき坂46名義で活動

ファンの総称を“おひさま”と呼び、いつも元気を与えてくれるハッピーオーラでいま、一番勢いのあるグループアイドル

3rdシングル「こんなに好きになっちゃっていいの?」は、1stシングル「キュン」、2ndシングル「ドレミソラシド」に続き、初週売上げ40万枚を突破。これは、オリコンの「1stシングルから3作連続の初週40万枚超え」の記録となり、女性アーティストでは初の快挙となった。

▼年末の「紅白歌合戦」に初出場を決めた

『第70回NHK紅白歌合戦』(以下、紅白)の出場歌手発表会見が14日に行われ、アイドルグループ・日向坂46の初出場が決定した

デビューシングルのリリースから9ヶ月のスピード出場だが、グループの発足からは約4年。2015年に乃木坂46、2016年に欅坂46が紅白初出場を果たすなか、坂道グループの末っ子が悲願の初出場を決めた。

▼三期生の上村ひなの

上村 ひなの(かみむら ひなの、2004年4月12日 - )は、日向坂46のメンバー。東京都出身。

昨年6月1日~8月19日にかけて行われた乃木坂46、欅坂46、けやき坂46(現「日向坂46」に改名=以下同)の3グループによる『坂道合同新メンバー募集オーディション』(応募総数12万9182人)に合格。

”ひなのなの”というキュートなニックネームで、すでに先輩たちから猫かわいがりされている

・ソロ曲「一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない」のMVがYouTubeで公開

日向坂46が、3rdシングル『こんなに好きになっちゃっていいの?』TYPE-B収録の上村ひなのソロ曲「一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない」MVを公開

商店街や家、学校の教室、体育館などを使用し、何かに導かれるかのように踊りだす姿や、自然体の彼女が映し出されている。

等身大の彼女自身を映し出した作品ともいえ、実際最初に歌詞を読んだ際に、上村ひなのは「素敵です。私のことみたいです!」と感激

▼そんな上村ひなのが天才的な大喜利の才能を爆発させていた!

12月1日深夜の「日向坂で会いましょう」(テレビ東京)で、先週の「若様の贔屓メンバーを決め直そう!1時間スペシャル」で放送されなかった部分を一挙公開。

「お題に対して一本」を取るのではなくオードリー・若林正恭さんを「ニヤケさせればOK」な企画『若様ニヤケ大喜利対決』でセンスを発揮したのが、日向坂46唯一の3期生・上村ひなの

「とある芸人ランキングで若林がダントツ1位を獲得 さてどんなランキング?」というお題に、上村は「◯カバヤシ(といえば)」と回答。

上村ワールド全開の斬新な切り口に、若林も他のメンバーも大ウケで、相方の春日俊彰も「そりゃ1位だわ!」とうれしそうにツッコんでいた。

・「人気実力ともに若林と同格の有名人は?」に「上沼恵美子」と回答

さらに上村は「人気実力ともに若林と同格の有名人は?」というお題に対しても、「上沼恵美子さん」と破壊力抜群の回答を放った。

1 2