1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

これはちょっと…國母被告の保釈後のガッツポーズにネットが憤慨

元五輪代表の國母被告が保釈されましたが、その時にとったガッツポーズが物議を醸しています。

更新日: 2019年12月04日

7 お気に入り 63343 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■元五輪選手の「國母和宏」被告

國母 和宏(こくぼ かずひろ、1988年8月16日 - )は、日本のスノーボード(バックカントリースノーボード)選手及び指導者

4歳の時にスノーボードを始め、小学生時点でプロ契約。登別大谷高校(現在は廃校)、東海大学(入学時は北海道東海大学)卒業

ドレッドヘアーと鼻ピアスが特徴的な~バンクーバー冬季五輪のスノーボードの日本代表選手

■大麻密輸で逮捕された

国際郵便を使って大麻を密輸したとして逮捕された元オリンピック選手の國母和宏被告

米国から大麻製品約57グラムを隠した国際スピード郵便を東京都内へ発送、同月31日に成田空港に到着させて密輸した

逮捕段階では、営利目的で密輸したとされましたが、捜査の結果営利目的については認められなかった

■國母被告は罪を認めている

国母容疑者は取り調べに対して営利目的は否定しているが、大筋で容疑を認めており、警察は今後譲渡や使用の有無についても調べるという

大麻を輸入したことを認める一方で、「営利目的ではない」と容疑を一部否認

大麻の使用が発覚しても、選手としての価値には影響しにくい業界ともいえます」(スノーボード業界関係者)

こんな意見もあるようです。。

■この度「保釈」された

スノーボード・オリンピック元日本代表の国母和宏被告について、弁護士が28日、東京地裁に保釈を請求した

元五輪代表のプロスノーボーダー国母和宏被告(31)は3日、勾留先の警視庁東京湾岸署から保釈された

スノーボードオリンピック元日本代表・国母和宏被告が、保釈保証金300万円を納付し、3日夕方に保釈された

■保釈の際、タクシーにて猛スピードで立ち去る

国母被告は午後4時46分、湾岸署をタクシーに乗った状態で姿を見せた。地下駐車場で乗り込んだと見られ、タクシーは敷地を出る際も一時停止をせずに猛スピードで集まった約50人の取材陣の前を逃げるようにして走り去った

■更にその後、タクシーからレンタカーに乗り換える際にカメラに向かってガッツポーズ

追跡した本紙はその後、都内某所でレンタカーに乗り換える場面を独占キャッチ。この写真が国母被告の今の心境を物語っている!

同メディアは“ガッツポーズ”と表現していますが、実際に威嚇しているというよりも『イェ〜イ!』というような軽いノリの雰囲気に見えます

国母被告は何と言っても元五輪代表選手ですからね。不祥事を起こせば競技自体のイメージに直接響いてきてしまいますので、今後はくれぐれも影響を考えて慎重に行動していただきたいものですが…

1 2