1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

来年は雇用改革が目玉に

政府の働き方改革関連法の大きな柱である同一労働同一賃金の規定を盛り込んだ「パートタイム・有期雇用労働法」が2020年4月の施行までいよいよ半年を切った(中小企業は21年4月)。

来年から大きく変わる。業界が。 終身雇用もなくなる可能性あり。 それはそれで楽しみ〜 クビになったら色々やりたいことあるし。

>去るか、しがみつくか 大量採用のつけが時間差で出てきた感じ。時代と人口動態が変われば、雇用も当然変わる。 50代は不要…!大企業でいよいよ「バブル世代切り」が加速し始めた @gendai_biz gendai.ismedia.jp/articles/-/684… #現代ビジネス

終身雇用は本格的に崩壊へ

「年功序列」、「終身雇用」などの典型的な日本的経営が崩壊しつつある中、自動車業界でも中途採用を拡大する動きが

トヨタは中途採用の割合を5割へ

トヨタは2019年度に総合職の採用に占める中途採用の割合を2018年度の1割から3割に、中長期的には5割に引き上げる

あのトヨタさんが?!いよいよ日本特有の雇用形態が明確に変わるようだ、、、

トヨタに追従する企業が出てきそう

トヨタが中途採用を5割にする方針というのは、岩盤とされる日本型雇用の「大きな山」が動いたと捉えることができます。

豊田章男社長は今年5月に「終身雇用の維持は難しい」と発言しており、同社が日本型雇用の見直しに乗り出しているのは間違いない。

「正直言って、経済界は終身雇用なんてもう守れないと思っているんです」(経団連の中西宏明会長)

近年は中高年の転職者が増加

企業はもう背負えないという

「会社が必要とするスキルを持たないベテランには用はない」というのが経営者たちのホンネだ。

終身雇用の約束と引き換えに、会社の言いなりの長時間労働や異動・転勤といった滅私奉公に耐えてきた中高年の正社員にはたまらないが、企業としても背に腹は代えられない。

1 2