1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

愛知県名古屋市の学校給食に検討されているものがある

それは昔懐かしい「ミルメーク」!

大島食品工業株式会社の商品「ミルメーク」が、名古屋市内で給食に試験導入されたと伝えられ、SNSなどで話題を呼んでいる。

ミルメークって?

「ミルメーク」は、学校給食の“牛乳のおとも”として人気で、コーヒー味やいちご味などさまざまな味があり、牛乳が苦手な子どもにとって人気の商品として知られている。

味もいくつかあり、コーヒーのほかにはココア、イチゴ、バナナ、メロン、キャラメル、抹茶きなこ、紅茶などがあります。

しかし、「ミルメーク」を製造・販売している大島食品工業の本社が愛知県名古屋市にあるにももかかわらず、これまで愛知県の中でも、名古屋市だけは学校給食に採用されていなかった

形が今と昔じゃ違う!?

昔は粉末タイプだった

粉末は、コーヒーをはじめとした、ココア、いちご、バナナ、メロン、抹茶きなこ、キャラメル、紅茶の8種類。

自分で牛乳の味を変えるという驚きの体験を経た子供たちの間で、ミルメークは大人気となります

牛乳がビンからあふれてしまわないよう一口飲んでから粉末を入れて混ぜるなど、ひとつひとつ工夫しながらミルメークを楽しんでいた当時の子どもたちの姿が目に浮かびますね。

今は液体タイプにチェンジ!

液体タイプは、コーヒー、ココア、いちご、キャラメルの4種類のラインアップ。

なぜこれまで名古屋市では導入されなかったの?

名古屋市で作ってるのに名古屋市の給食では出ない「ミルメーク」って知ってる? pic.twitter.com/9L9otWo2AK

名古屋市の小学校では昨年度、約645,000本にあたる量の牛乳が廃棄されたそうで、これをなんとかしようというのが理由のようです。

今後本格的に採用するかどうかは、今回の試験導入のあと、児童への意見を聞いたり、飲み残しの量などを集計し、その結果をもとに検討・判断する予定だということです。

昔から大人気だった!

ミルメークのコーヒー味は、一番最初に作られた元祖のフレーバーです。

いちご味のミルメークは、コーヒーが販売されてから2年後の昭和44年に生まれました。牛乳と混ぜると、甘さたっぷりのイチゴミルクができあがり!牛乳と混ぜるとほんのりとピンク色になり、見た目もキュートに♩

コーヒー、いちご、ココアの3つが、給食で出されていた主なフレーバーなので、飲んだことがある人が多いはず!

SNSでは大盛り上がり!

1 2