1. まとめトップ

メーガン妃が王室を脱退!?エリザベス女王と不仲?メーガン妃にまつわる噂あれこれ

シンデレラストーリーを地で行くメーガン妃。ところがそのメーガン妃に王室を脱退する!?という噂やエリザベス女王と不仲!?という噂が流れています。メーガン妃の噂をまとめてみました。

更新日: 2019年12月10日

1 お気に入り 12666 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ぎゃBEさん

2018年に世紀のカップルがイギリスで誕生

2018年5月19日、イギリスに世紀のビッグカップルが誕生しました。

英エリザベス女王の孫のヘンリー王子と米国人俳優メーガン・マークルさんの結婚式を世界中の人が祝福し、英メディアは2人を魅力あふれる現代王室の好例としてもてはやした。

二人の結婚式は全世界の人々が祝福していましたが、わずか1年後にはメーガン妃にバッシングの嵐が吹き荒れます。

インスタにアメリカ英語を使って炎上

「ホリデーシーズン」をイギリスでは「festive season」と表現するのだが、夫妻のインスタグラムでは「festive holidays season」と「holidays」が加えられており、表現におけるアメリカ色が強くなっている

これまでにも「organisation」を「organization」、「programmes」を「programs」とアメリカ英語のスペルを使用したり、イギリス通貨のポンドではなく、アメリカのドルで表記したりして物議を醸してきた夫妻のインスタ。

メーガン妃が住む邸宅の改修工事費用でバッシング

邸宅の改修工事に240万ポンド(約3億3,000万円)の税金が使われたと報道された際には、「ワガママなメーガン妃のせいで、こんな大金が使われた」と批判される

感謝祭のコメントでもバッシング

イギリスでは祝わない「感謝祭」のお祝いについてインスタでコメントした時も、「アメリカ人気分では困る」とバッシングを受けた。

アメリカ人からも嫌われている?

アメリカの大物司会者ウェンディ・ウィリアムズからも「ドキュメンタリーで、『こんな大変だなんて、つらいだなんて、知りませんでした』とカマトトぶってるけど。いやいや、あなた知ってたでしょ! 同情を買おうとするんじゃないわよ」とディスられるなど、アメリカ人のアンチも増えている。

第一子誕生の際の浪費ぶりに国民が激怒

米ニューヨークでのベイビーシャワー(出産前に妊婦を祝うパーティー)に33万ポンド(約4600万円)、ジバンシーの詰まった洋服ダンスに78万7000ポンド(約1億1000万円)を支出するセレブぶり。

浪費が激しいメーガン妃に対してイギリス国民が激怒したという報道も伝わっています。

メーガン妃の誕生日に使ったプライベートジェットで批判

ヘンリー王子はメーガン妃の誕生日を祝うためスペインのリゾート・イビサ島にプライベートジェットで往復。チャーター代は片道2万ポンド(約280万円)。イビサ島6泊で12万ポンド(約1700万円)也。

環境保護は口だけ、と環境保護活動をしているメーガン妃に批判が殺到しました。

ウインブルドン観戦時にもブーイングを浴びる

セリーナ・ウィリアムズ選手を応援するためウィンブルドン選手権を観戦した時は観客席の一角を占拠してブーイングを浴びた。

メーガン妃がウィンブルドン観戦に訪れた際はプライベートを主張して写真撮影を断り、批判が起こった。

1 2