1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

事故を起こしたはとバス運転手の「インフル感染」に戸惑いの声

はとバス運転手が死亡事故を起こしたニュースで、運転手がインフルエンザに感染していたことが分かっています。これに対してネットからは戸惑いの声が上がっています。

更新日: 2019年12月06日

6 お気に入り 46414 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■はとバスが死亡事故を起こした

信号待ちをしていたハイヤーに都内を巡る「はとバス」の観光バスが追突し、そのまま乗り上げた

東京 新宿区で4日夜、観光バスの「はとバス」が停車していたハイヤーに追突し、ハイヤーの運転手が死亡

社内調査に男性運転手は「事故を起こす前後の記憶がなく、気が付いた時には街路灯に激突していた」と説明

■後の検査で運転手は「インフルエンザ」に感染していたことが判明

はとバスの運転手「ちょっと風邪をひいてまして、ちょっと意識が飛んじゃったんですよね、たぶん。(風邪薬は飲んでいた?)飲んでました」

運転手は、「風邪とは思ったが、インフルだとは思わず、漢方の風邪薬を飲んで勤務していた」という

その後の検査でインフルエンザ感染が判明した。38度を超える熱があったという。同署は事故への影響を調べている

■事前の検査では異常を認めなかったという

はとバスによると、運転手は4日朝の点呼で、体調に異常はないと報告していた

本人から体調不良に関する申告はなく、対面の確認でも異常は見られませんでした

事故当日の朝に薬を飲んでいたが、点呼では健康状態について異常なしと報告していた。車両点検でも問題は見つからなかった

■運転中に急激に悪化か?

東京・池袋大谷クリニックの大谷義夫院長は、「インフルエンザは1~2時間で急激に症状が変化します。判断力にも影響があり、インフルエンザ脳症の可能性も否定できません」と解説

バスのドライブレコーダーには、事故が起きる数秒前からドライバーの頭が前後にゆっくりと揺れている様子が写っていた

はとバスの運転手「非常に申し訳ない。ハイヤーの亡くなった方にも深いおわびしかない。今はそれだけです」

■このニュースにネットは困惑

はとバスの件は朝は元気だったのに30分間くらいで急に身体がおかしくなってインフルでしたってことが僕にもあったので今回もそうなのかなって

はとバスの事故は、乗務前にインフルエンザ判明してたのかがポイント。事故後警察調べでインフル発覚はさもありなん。インフルは急激に熱が出るから、点呼が早朝だったなら、まだ「少しだるい」程度の風邪症状だった可能性もある。インフル診断くらっだ後に乗務してたなら、乗務員も会社も完全アウト。

はとバスの事故、インフルが原因だと聞いて10年以上前に起きた宿毛駅の事故を思い出してしまった あれは確かインフルから復帰した直後だったよな。

はとバスの運転手がインフルって・・・・お客に対するバイオテロやん? インフル及び風邪のときは正直に休み申請出来る雇用形態を政治で義務付けないと。ほんの目先の儲けしか見えてない奴に経済任せたらひどいことになるって実例やで?

はとバスの会社としての初動は吉本興業を思い起こさせる。勤務に問題ないというコメントはいろんな意味でまずいでしょ。こんな状態でも問題なしとみなす、こんな状態でも気づかない、インフルを乗客に感染させた可能性に触れない。 そんな会社に身を預けられない。コメント差し替えても遅いよ。

体調不良なら乗務しちゃダメ! でもその線引きがわからない時もあるし はとバスはどうかしらないけどウチはインフルになったら出勤停止だけどしっかり当欠がつく とゆー事は給料下がるってこと 運転手が悪い?運行管理が悪い? 根本的に考え直さないと!

■このニュースで思い出すのが「ホーム転落事故」

1 2