1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

□ 対応

¥4,080 (¥170 / 1商品あたりの価格)

カフェインに関しては表記なしだが、もともとガラナに含まれているので、きっちり入っていると思う。

・カルーア

・緑茶ハイ

・ウーロンハイ

☆ メリット

?集中&リラックス

集中力を高めてくれるコーヒーと、リラックス効果の高いアルコール。同時に飲めば、集中しながらもリラックスした極限状態に至ることができるかもしれません。

・肝機能を守ってくれる

1.

アルコールが体内に摂取されると、肝臓で分解される過程で有害なアセトアルデヒドという物質が発生 します。肝臓が元気な時には、そこからさらに無害な酢酸へと分解・排出されるため問題ありませんが、疲れていたりして肝臓が弱っていると、代謝が追いつかず、体内にアセトアルデヒドが残り、二日酔いが引き起こされます。

しかし、コーヒーには肝機能をサポートする効果があることがわかっています。実際、毎日お酒を飲む人でも、コーヒーを毎日飲んでいる人の肝機能は飲まない人より優れているという実験結果も出ています。

1.

・胃腸の保護

コーヒーにはクロロゲン酸というポリフェノールの一種が多く含まれています。そしてクロロゲン酸には胃の粘膜を刺激して胃液の分泌を促進する働きがあります。そのため、お酒と一緒にこってりした食事も摂る場合は、コーヒーを飲むことで消化を助けて胃腸を保護できます。

・二日酔いの時の頭痛に効果

アルコールが分解される過程で発生するアセトアルデヒドが体内に残ると、二日酔いの原因になると言われています。アセトアルデヒドには血管の拡張作用 があるため、脳の血管が拡張され神経を刺激することで、二日酔い特有の頭痛を引き起こします。

★ デメリット

□ 深酒になりやすい

同時摂取の場合、アルコールは脳の働きを下げ、カフェインは逆に脳の働きを高めるので、これらの作用を打ち消し合います。

アルコールとカフェインの作用は、ともに摂取30分後にピークとなりますが、考えるべき問題はその後のことです。

・代謝の違い

- アルコール

カフェインの摂取量は「ミリグラム」単位であるのに対し、アルコールの摂取量は「グラム」単位。アルコールのほうがなかなか分解されません。500mLの缶ビール1本でも3時間は体内に残ります。2本だと6時間、3本だと9時間と、アルコールの血中濃度が高い状態が続きます。

- カフェイン

カフェインの血中濃度は「3~4時間後にはピークの半分まで減る」と言いました。

・結果

ですので、同時に飲み始めて、「今日は酔いにくいみたいだ」などとアルコールをどんどん摂取してしまうと飲み過ぎになり、その後アルコールの作用が強く出て危険になるわけです。急性アルコール中毒のリスクがあるのですね。

・吐き気, 頭痛

1 2