コーヒーにはクロロゲン酸というポリフェノールの一種が多く含まれています。そしてクロロゲン酸には胃の粘膜を刺激して胃液の分泌を促進する働きがあります。そのため、お酒と一緒にこってりした食事も摂る場合は、コーヒーを飲むことで消化を助けて胃腸を保護できます。

出典アルコールとコーヒーの飲み合わせは大丈夫? | Acts-Coffee

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る