アルコールが分解される過程で発生するアセトアルデヒドが体内に残ると、二日酔いの原因になると言われています。アセトアルデヒドには血管の拡張作用 があるため、脳の血管が拡張され神経を刺激することで、二日酔い特有の頭痛を引き起こします。

出典アルコールとコーヒーの飲み合わせは大丈夫? | Acts-Coffee

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る