ポケモンのキャラクターにギャラドスがいる。

コイキングから進化することで知られており、初代ポケモンから活躍しているポケモンだ。

ほとんどが青色をしているのだが、中には一部赤色をしたギャラドスも存在する。

何故赤色が存在するのだろうか?

そこには悲しい物語が隠されているのだ。

都市伝説では、コイキングは食用として用いられていたとされている。

食糧難などの場合のエサとして重宝されていたのだ。

食糧難の時はコイキングは大事な食料源だったので感謝をされていた。

その後食糧難が終わり、食料に余裕が生まれてくると、コイキングは次第に邪魔な存在になっていった。

中には増えすぎたコイキングを処分してしまう動きも加速したのだ。

そんな中、1匹のコイキングがギャラドスに進化し、人々を襲うことになる。

その時に浴びた返り血によって真赤になったとされている。

つまり、感謝の心を忘れてしまった人には、良いことは無いということを暗に知らせているのだ。

こうした悲しい物語がポケモンの都市伝説の中にはあるのだ。

http://irohanihoheto-labo.com/?p=1359

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

あまり知られていないポケモンの都市伝説まとめ

ポケモンのアニメやゲームについての都市伝説をまとめました。

このまとめを見る