1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

保釈金500万円で謝罪…ヘリまで飛んだ「沢尻エリカ被告」に著名人から様々な声

女優の沢尻エリカが12月6日、東京地検に麻薬取締法違反罪で起訴された。沢尻エリカ被告は保釈金500万円を納付して東京湾岸警察署から保釈された。沢尻エリカと所属事務所エイベックス・マネジメントが謝罪コメントを発表した。芸能人やネットからの様々な声をまとめ。坂上忍、東国原英夫、清原博弁護士ほか

更新日: 2019年12月06日

7 お気に入り 97034 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

●女優の沢尻エリカ

沢尻 エリカ(さわじり えりか、1986年4月8日 - )は、日本の女優、歌手

若手実力派女優として評価される一方、物おじしない言動から「女王様キャラ」「エリカ様」の異名

●11月16日、麻薬取締法違反の疑いで逮捕された

女優の沢尻エリカ容疑者(33)が合成麻薬MDMAを所持したとして、麻薬取締法違反の疑いで警視庁組織犯罪対策課に逮捕された

警視庁の調べに「10年以上前から薬物を使っていた。今までに大麻、MDMA、LSD、コカインを使用していた」などと供述したが、尿鑑定ではMDMAを含む違法薬物について陰性反応だった

●新たに、別の合成麻薬「LSD」も押収されていたと報道

自宅から別の合成麻薬のLSDも押収されていたことが捜査関係者への取材でわかりました

沢尻容疑者はLSDを入手したいきさつについて、知人でファッションデザイナーのNAOKI、本名、横川直樹容疑者(38)からMDMAと一緒に渡されたと説明しているという

●12月6日、起訴された沢尻エリカ被告を弁護人が保釈請求

自宅で合成麻薬MDMAを所持したとして逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者(33)について、東京地検は6日、麻薬取締法違反罪で起訴した

●12月6日夜、保釈金500万円を納付して保釈後に入院した

沢尻被告側が保釈保証金500万円を現金で納めたため、午後7時半前に、身柄が勾留されていた警視庁東京湾岸警察署から保釈

沢尻被告は首都高速で都心に向かい、午後8時ごろに東京・新宿区の大学病院に入り、入院しました

●保釈後、沢尻エリカ被告が所属事務所を通じて謝罪コメント

【コメント発表】沢尻エリカ「裏切ってしまったことを心の底から後悔」 news.livedoor.com/article/detail… 「違法薬物と関わりを持つことのないようつながりを断つことを決意し、立ち直ることを約束します」と決意を表明した。 pic.twitter.com/Y8QOLVwBgw

所属事務所「エイベックス・マネジメント」を通じてコメントを発表し、「関係者の皆様、ファンの皆様をはじめ、たくさんの方々に大変なご迷惑とご心配をおかけしたことを、心よりお詫び申し上げます」と謝罪した

「違法薬物と決して関わりを持つことのないよう、人間関係を含めたつながりを一切断つことを固く決意し、専門家の指導も受けて、立ち直ることをお約束します」

▼起訴された「沢尻エリカ被告」に芸能人から様々な声

●坂上忍は『バイキング』で語った

1 2 3