宮下奈都「よろこびの歌」#読了 それぞれの事情を抱えて新設の明泉女子高へやってきた少女たち。彼女たちは合唱コンクールをきっかけに挫折や劣等感と向き合ってゆく。登場人物の抱えるものはシビアだが、読後感は爽やか。高校生にお勧めしたい。と思ったら、今の教科書には既に採録されているようだ。 pic.twitter.com/fKRaMBYM9A

返信 リツイート いいね

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

『羊と鋼の森』だけじゃない!「宮下奈都」のおすすめ小説

本屋大賞受賞作『羊と鋼の森』で知られ、新たに『静かな雨』が映画化される小説家「宮下奈都」のおすすめ7作品。『スコーレNo.4』、『よろこびの歌』、『太陽のパスタ、豆のスープ』、『誰かが足りない』、『終わらない歌』。

このまとめを見る