宮下奈都『誰かが足りない』読了。あるレストランに同じ時間に予約を入れた6組のお客さんたちの、予約に至るまでの物語。みんな足りないものを抱えていろんな悩みを抱えつつ、それでも一歩ずつ前に進もうと日常を一生懸命生きているんだな。そして予約6の優しい奇跡に、泣きたくなるほど励まされる。

返信 リツイート いいね

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

『羊と鋼の森』だけじゃない!「宮下奈都」のおすすめ小説

本屋大賞受賞作『羊と鋼の森』で知られ、新たに『静かな雨』が映画化される小説家「宮下奈都」のおすすめ7作品。『スコーレNo.4』、『よろこびの歌』、『太陽のパスタ、豆のスープ』、『誰かが足りない』、『終わらない歌』。

このまとめを見る