1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

Happydyaさん

アメリカでジャガイモが無くなりつつある

10月の悪天候により、アメリカ、カナダのジャガイモ畑が大規模な被害を被ったため、一部農家は生産中止まで迫られる事態になっているという。

「フライドポテトの需要は最近目覚ましいものがありますので、業者側がその需要に応えることが出来ないのです」

アメリカに行くと、どの料理にもポテトが付いてきますからね・・・

米国がフライドポテト不足の危機に?10月の悪天候が原因とも #ldnews news.livedoor.com/article/detail… 「この状況下でも出荷を強要されたアイダホ州からは人口流出が続き」「ジャガイモ飢饉か」

[米国]フライドポテトの危機!?アメリカのジャガイモ収穫量が10年来の不作に…[海外の反応] foreignnews.biz/archives/post-… pic.twitter.com/pXvCOBl10L

ジャガイモは寒さに耐えられず…

ブルームバーグによると、小売業者はフライドポテト用に長さのあるじゃがいもを求めているが、寒さがいもの成長を妨げ、中には収穫すらできないものもあるという。

「アイダホ州では、9月下旬から10月上旬にかけての凍えるような寒さのせいで損失が出ていると生産者が報告している。複数の農場が、掘り出すコストを避けるためにじゃがいもを地中に残したままにしている」と、農務省は述べている。

じゃがいもも、冷涼な気候を好み、生育適温は15度から21度くらいで、涼しい気候を追って全国で栽培されていますが、冷涼な気候を利用して北海道で4月から5月に植え付けて8月から10月に収穫(しゅうかく)される夏作じゃがいもの生産量が全体の7割以上を占めています。

寒いのは好きでも、必要以上に寒すぎると育ちません。

イギリスやドイツみたいな割と北のほうのヨーロッパは気温が低すぎてまともに農業ができないから酪農がメインの一次産業になってるんだよ(それでもジャガイモは育つ

今年のアメリカの空は荒れに荒れた

米NBCの報道によりますと、その前の数日間も非常に激しい悪天候がアメリカを覆っていたようで、5月17日から 19日までの三日間で、5つの州で「 67の竜巻の発生」が確認されているのだそうです。

超大型ハリケーン「ドリアン」が1日、バハマ北部に上陸し、甚大な被害をもたらしている。ドリアンはゆっくりと西へ進行中で、米フロリダ州なども厳戒態勢に入った。ドリアンは同日、最大風速が約83メートルを超え、ハリケーンの分類で最強となる「カテゴリー5」(風速70メートル以上)に格上げされた。

ハリケーンは年々増えている

「過去1世紀で、最も被害の大きい暴風雨の発生率は3倍に増えた、と推定されている」と、本研究の筆頭著者であるアスラク・グリンステッド(Aslak Grinsted)氏はBusiness Insiderに語った。

科学者たちは、直接的に個々の嵐が気候変動によって引き起こされていると明確には言っていないが、温暖化が進むと、ハリケーンの発生頻度や破壊力は、そうでない場合よりも高くなる。

【アメリカのハリケーンによる洪水(2005年)】 ボートが交通手段になっています pic.twitter.com/k25pjaOEse

悪天候で飛行機が墜落する事故も

米サウスダコタ州チェンバレンで11月30日、航空機が空港を離陸直後に墜落し、搭乗していた12人のうち9人が死亡した。同州ブリュレ郡の検察当局などが明らかにした。

FAAの報道担当者によると、チェンバレン周辺は同日正午前、暴風雨や暴風雪の天候に見舞われていた。スーフォールズの米国家気象局によると、州内では1時間で最大1インチ(約2.5センチ)の積雪が観測された。視界は1マイル(約1.6キロ)以下に落ちていた可能性がある。

航空機が墜落して9人死亡、悪天候が影響か 米サウスダコタ州 cnn.co.jp/usa/35146188.h… 米サウスダコタ州チェンバレンで11月30日、航空機が空港を離陸直後に墜落し、搭乗していた12人のうち9人死亡 生存した3人は手当てを受けるため搬送された。犠牲者には子ども2人と操縦士が含まれた

アメリカ人が食べるジャガイモの量

1 2 3