1. まとめトップ

怖すぎだろ⁉…ドラマ『グランメゾン東京』冨永愛の暴走に視聴者驚愕

木村拓哉が主演を務めるドラマ『グランメゾン東京』(TBS系/毎週日曜21時)の第8話が放送され、冨永愛が演じるリンダ・真知子・リシャールがラスボス感満載で怖すぎるとネットで話題

更新日: 2019年12月23日

1 お気に入り 54465 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

popochan1541さん

◆木村拓哉が主演する話題の秋ドラマ

天才シェフ尾花夏樹(木村拓哉)が、星を獲得したいと願う
早見倫子(鈴木京香)と出会い、3つ星レストラン
「グランメゾン東京」を作ろうと奮闘する大人青春ストーリー!

小さい頃から身長が非常に高く、
彼女自身それがコンプレックスでもありました。

19歳の時にニューヨークで海外デビューを果たし、
その後も海外を中心に活躍を続けて、海外のファッションモデル
としての地位を築き上げました。

冨永の著書とは、2014年に出版された自伝
『Ai 愛なんて大っ嫌い』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)だ。
今の冨永からは想像もできない壮絶な人生が赤裸々に描かれている。

「トップになって、殺してやる。みな殺しにしてやる。
絶対にぶっ殺してやる……って。まさに “怒り” が
冨永愛さんの原点だったんです。

冨永が演じるのは、木村扮(ふん)する尾花の過去に
深く関わる女性で、現在は世界的なグルメ雑誌
「マリ・クレール ダイニング」の編集長を務める
リンダ・真知子・リシャール役。

リンダは、尾花も認める生粋のフーディー
(グルメ、料理愛好家)で、その発言が世界のレストランに
多大な影響力を持つすご腕の編集長。

◆ネット上では、冨永愛の怖すぎるキャラが話題

冨永愛さん、怖すぎる

いやーおもろいなほんまにこのドラマ めっちゃかっこつけるキムタクやけどキムタクやから嫌な感じせん笑 とりま富永愛が怖すぎて最後の方口開いてた #グランメゾン東京

これからの悪役は冨永愛になるのでは?

富永愛こえぇぇーー ピンヒールこえぇぇーー 菜々緒ちゃんはキャラ替えしようとしてるのでこれからの悪役は富永さんで是非!! #グランメゾン東京

◆さらなる演技への挑戦に意欲を見せている冨永

民放ゴールデン連ドラで初のレギュラー出演している冨永は
「すごくチャレンジングで勉強になった年末だった」と語り
「機会があれば俳優のほうもやりたい」と
さらなる演技への挑戦に意欲を見せた。

このドラマは キャスティングの凄さに感心しちゃう

このドラマの一番のハマり役 ドラマの終盤でついに始動 いつ動くかと思っていたが しかしこの役はこの人しか 出来ないだろうなあ ドラマっていわば しょせん作り話なんだけど このドラマは 本物の使い方が秀逸だ #グランメゾン東京 #リンダ・真知子・リシャール #富永愛 pic.twitter.com/mcKAfeirFI

尋常でない執拗な怖さを感じる

リンダ凄まじい怖さ ヒールでレコーダーを踏み潰す 尋常でない執拗な怖さを感じる富永愛さん 華やかなのにビッタリ合うからキャスティング\(^o^)/

まじ怖いあの演技

尾花さんが祥平くんを守るためにグランメゾン東京に呼ぼうとしてる中、相沢さんだけは、祥平くんのやったことに気づいてない様子なんだけど、実際どうなんだろう。 富永愛さんをドラマで見るのは初めてだけど、まじ怖いあの演技 #SMAP #木村拓哉 #グランメゾン東京

グランメゾン東京のキャスティングの凄さに感心しちゃうなー。 京野さんはほんっとに紳士的。それぞれ皆キレイ。 イチオシは富永愛!!!!!あのラスボス感はハンパない。 そしてあんなレストランあったら是非行きたい。

リシャール 圧はんぱな~ぃ

1 2