1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

移籍も視野…?本田が早くも「困難に直面」していた

すべて「OA枠での東京五輪出場」のために動いている本田。今後の選択に注目ですね。

更新日: 2019年12月09日

3 お気に入り 6719 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■オランダ1部フィテッセに電撃加入した本田圭佑

約半年間のブランクを感じさせないプレーを披露

24日に行われた第14節スパルタ・ロッテルダム戦にトップ下でスタメン出場し、約10年ぶりのオランダ再デビュー。

チームは敗れたが、約半年ぶりの公式戦とは思えない動きを披露し、「チームの力になり、この状況を変える自信はある」と話した。

■そんな本田が早くも苦境に立たされている

再びプレーできる環境を取り戻した本田だが、早くも今冬の移籍について言及するなど雲行きが怪しくなっている。

■CSKA時代からの”恩師”であるスルツキー監督が辞任

フィテッセは30日、2018年夏から指揮を執っていたレオニード・スルツキー監督(48)の辞任を発表。

■すると状況が一変

8日に行われ、ジョセフ・オースティング暫定監督の下での初陣となった第16節フェイエノールト戦では、加入後初のベンチスタート。

後半36分から途中出場したものの見せ場は作れず、「2試合で結果を出せなかったんで、それがネックになっているんでしょうね」と口にしていた。

■本田「ここにいる意味が半減している」

試合後、日本の報道陣を前に「監督がいなくなったことで、ここにいる意味が大分半減している」

「2試合で期待に応えられず監督は出て行った。自分のモチベーション、自分のプライドみたいなところは、ちょっと頭の中を整理しないといけない」と胸中を吐露。

そのうえで「競争自体は問題ない。でも引退に向かっているし、当然ながら死にも向かっているわけなので、1日の重みも違う」

「競争するのなら、自分がもっと意義を感じる場所で競争したい」と語り、今冬の移籍も視野に入れている様子。

■すべては「OA枠での東京五輪出場」のため

日本代表からは引退したが、「オーバーエイジ(OA)枠での五輪出場を目指している」と公言してきた本田。

U-22日本代表を率いる森保一監督も、先日の代表メンバー発表会見で「本田の出場試合を全てチェックしている」と話している。

1 2