1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Wordpress のテーマ―は数千種類とありますが、多すぎてよくわからないうえに、日本語対応していないものの方が多いです。ここでは日本語に対応したWordpress テーマを有料・無料のものそれぞれをまとめておきます。

banbuさん

Wordpressのテーマは数多くラインナップされていますが、無料でおしゃれなものだと日本語に対応していないものがほとんどです。
とはいえ、初心者であれば日本語に対応しているものを使う方が安心感があります。

無料でも日本語に対応している優秀なテーマはありますが、デザイン性が高いものはあまり多くはありません。
最近ではデザイン性・機能性どちらも高い日本語テーマが欲しいということで、有料テーマを使われる人が増えている印象です。

ここでは、日本語に対応している有料と無料のテーマで、代表的なものを紹介していきます。

無料テーマ

有料テーマには初めから多くの機能が組み込まれていて、使用するプラグインの数を減らすことができることや、はじめからデザインが整っているので、サイト制作時間の時短ができるのがメリットです。

有料テーマ

有料テーマ名:ロード時間
THE THOR:1.2s
Emanon-Pro:1.4s
STORK:1.7s
SANGO:1.8s
AFFINGER5:2.0s
賢威8:2.0s
ALBATROS:2.1s
DIVER:2.3s

同じ条件下で、THE THORと他の有名テーマの読み込みにかかった時間を比較した結果をまとめてありましたが、THE THORはかなり速いようです。

1