1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

えっそうなの?忘年会3人に1人は「0回」ってデータに驚愕

忘年会シーズン真っただ中ですが、ある企業が行ったアンケートによると、社会人の3人に1人が忘年会の出席回数が0回という結果が出ています。

更新日: 2019年12月10日

5 お気に入り 24380 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

シチズン時計が行ったアンケート結果を基に作成しています。

PINKMOMOさん

■忘年会シーズン真っただ中

ビジネスパーソンにとっては楽しみでもあり、また、忙しくもある期間と言える

忘年会シーズン真っただ中です。通常の飲み会は逃げられても、なかなか逃げ切れないのが忘年会と新年会

■この忘年会をパスしたい…と考えてる人が増加中?

断り切れず、必要以上に忘年会や飲み会に顔を出す......。本当は帰りたいのに、2次会、3次会にも断り切れずに行ってしまう

恒例の忘年会シーズンです。毎年繰り返されるこのイベントが楽しみという人もいれば、苦痛だという人もいる

「参加は業務命令」というB課長に対し、「業務命令なら残業代を払ってください」という若手社員。果たしてどちらが正しいのか

■このような傾向のある最近の忘年会だが「3人に1人は0回」という結果が出ている

時計メーカー、「シチズン時計」がビジネスマン400人に今年の職場や取引先との忘年会の見通しを尋ねたところ、1回が50%、0回が31%だった

ビジネス関連の忘年会で「適当」と考える回数は、1回が52.0%、0回が36.3%で、1回以下が9割近くを占めた

忘年会の適当な時間はどれくらいかを尋ねたところ、2時間が52.3%と半数を超えた一方で、30分以内と答えた人が約15%も…

■仕事関係は嫌…。一方で

プライベートな忘年会の場合は、70%以上の人が「2時間以上」でした。どうせ飲むなら気の合う仲間とじっくり話したいという傾向がうかがえます

プライベートの忘年会も2時間が38.3%でトップだが、ビジネスとは異なり、2時間半(18.8%)や3時間以上(18.3%)が多かった

<プライベート>の忘年会は、「0回」(42.0%)、「1回」(30.0%)、「2回」(17.5%)がトップ3。4割超(42.0%)が忘年会を行わないと回答

とはいえ、こちらも開催率は低いです。

■こちらもどちらかというと低調。以上の結果にネットは

企業のコミュニケーション課題。コミュニケーションの価値観は変化しているし、行きたくても家庭の事情でタイミングが合わない人もいる。いかに交流の場を設計するか。 “忘年会スルー”ってなに? | NHKニュース www3.nhk.or.jp/news/html/2019…

“忘年会スルー”ってなに? | NHKニュース www3.nhk.or.jp/news/html/2019… それでいいと思う。 昼忘年会なら、参加しようかな。って思った。

忘年会スルーした。 だってさ、職場でたまたま一緒に仕事してるだけの人達なのに、なんで夕飯の時間割かなきゃいけないのよ。 家飲みでよろしくやった方がいいに決まってるじゃん。 pic.twitter.com/pzUWoJPy0f

@nomikaikyouyou1 僕も苦痛でしかない 特にタバコは駄目ですね 気分が悪くなってしまいますし それに 元々お酒は医師に止められています 完全禁煙以外は恐らく 今年も忘年会スルーですね #忘年会スルー

■また、一気飲みは完全に過去の産物に

1 2