1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●日本では2013年に導入されたNIPT(新型出生前診断)

2011年にアメリカで始まり、日本では2013年に導入されたNIPT(新型出生前診断)

採血だけで母子のDNAを分析でき、染色体異常(21トリソミー、18トリソミー、13トリソミー)の可能性を調べられる。

●そもそも「出生前診断」とは?

・広い意味と狭い意味

出生前診断は広い意味では、妊娠中に実施される胎児の発育や異常の有無などを調べるすべての検査を意味します。

通常の妊婦健診で行われる超音波検査や胎児心拍数モニタリングなども含まれます。

狭い意味での出生前診断は、高齢妊娠など染色体異常のリスクが高い妊娠において、妊娠の早い段階で先天的異常の有無を調べることを指します。

これまでに行われてきた出生前診断の方法は、トリプルマーカーテスト(またはクアトロマーカーテスト)、羊水検査、絨毛検査です。いずれも妊婦側の希望があった場合のみに、任意で行う検査です。

●「出生前診断」の目的

出生前診断の目的は、産まれる前に赤ちゃんの状態を観察・検査し、生まれる前に赤ちゃんに治療や投薬を行ったり、出生後の赤ちゃんの治療の準備をしたり

また赤ちゃんについての情報をご夫婦に提供することです。

・この10年で「出生前診断」を受ける親の数は2.4倍に

●最近では、悩む人たちの支援に取り組んでいる団体も?

「出生前診断」への関心が高まる中、検査を受ける人や妊娠を続けるか悩む人たちの支援に取り組んでいる団体がある。

千葉市のNPO法人「親子の未来を支える会」。検査前後にネットで相談できるサービス「ゆりかご」を運営し、支援情報をまとめた小冊子を先月から無料で配布している。

●ネットでは「出生前診断」に様々な声が上がっている

出生前診断で障害持ってたら中絶する選択が多すぎて泣いてる、やっぱり障害持ってたら捨てられちゃうのかなぁ、、。事前にわかってよかった、みたいになるのかな、、。やだなぁ、、。

@Sankei_news 出生数を倍にはできなくても、5〜10%増やす方法はある。 それは生みたくても生めない人を支援すること。不妊治療を保険適用にする。着床前診断を認める。卵子提供を認める。同性婚を認める。 世界一の不妊大国という不名誉な状況からとにかく脱却しないと。 #不妊治療費が保険適用外っておかしくね

1 2