1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

sunny1001さん

「残業を減らす」がテーマの密着取材だったはずなのに・・・

2019年4月、大企業の残業規制が始まった。法律による上限が施行され、45時間以内の月を年6回設けなければならなくなった。各企業が対応に追われる中、創業当初から店内調理にこだわり、家庭の味を提供してきた定食チェーン・大戸屋。そのこだわりが労働時間の増加を招いていた。
店内での仕込み時間が大幅にかかり、労働時間の削減に頭を悩ませる。さらには、各店舗の深刻な人手不足。埋まらないシフトは店主自らが入り埋めるので、残業時間の削減は喫緊の問題だ。大戸屋で120日間、3店舗の40代店主たちに密着。残業を減らす闘い、そしてその先に待っているものとは…。

社長 「目が死んでるんだけど。本気でやってるように見えない」→炎上へw

【悲報】大戸屋、ガイアの夜明けで密着取材されるも宣伝どころかブラックな実態が明らかに ift.tt/2rBryU9 pic.twitter.com/ISXYIo1fwi

正直6月の時点でテコ入れするべき。 記録してるだけだと 勤怠入力する意味はない。 外食産業よく分からないけど どこもこんな感じなの?! #大戸屋 #ガイアの夜明け pic.twitter.com/EdsJKyP1e3

残業時間が常態化してる大戸屋。 社長は現場の状況を知らないために残業の原因がわからず店長の努力不足のせいにしているように見える。 戦略の道を示さず精神論のみで語る奴は無能。 #ガイアの夜明け #大戸屋 pic.twitter.com/ePuCcVFynf

大戸屋の社長はこの放送を見て恥ずかしいとら思わないのかな? 馬鹿経営者として名前を残しただけで、社員やアルバイトにも馬鹿にされてるだろうに…

大戸屋の社長なんなの?なんで上目線なの?社長だから偉いと思ってるの?私たち加盟者とスタッフの頑張りがあるからあんたらも金もらえるんだよ偉そうにすんなよもっとスタッフ敬えや

ガイアの夜明け、最後まで見たけど、大戸屋の経営陣が経営の何を改善したのか全く出てなかった。ちなみに、タイムアタックは業務改善であり、経営改善ではない。経営陣である社長が業務に口出ししただけ。経営陣である社長は経営の改善をしてる様子は出てなかった。

創業者一家と経営陣の骨肉の争いがIRで「お骨事件」と命名された事でお馴染みの大戸屋、今度はバイト上がりの精神マッチョが社長になり、往時のワタミも真っ青の精神論的経営に乗り出していて、ちょっとカジュアルなカンボジアみたいになっていた。 kabumatome.doorblog.jp/archives/65954…

ガイアの夜明け久しぶりに見たが大戸屋ってガッチガチのブラックなんだなぁ… 元々経営方式とか営業形態好きじゃなくて行かないが遅かれ早かれこのままじゃなくなる( ◜௰◝ ) よくあれを普通に放送させたものだ… あんな上層部が無能な所じゃ頑張るだけ無駄だぜ( 'ᾥ' )

大戸屋の社長・山本匡哉はどんな人??業績は?

山本匡哉 1973年7月7日生
1997年4月 当社入社
2006年6月 営業支援部長
2008年4月 FC営業部長
2011年4月 直営事業部長
2014年4月 株式会社大戸屋取締役営業本部長
2014年4月 国内事業本部長
2014年6月 取締役国内事業本部長
2017年6月 取締役国内事業管掌(現任)
2017年6月 株式会社大戸屋取締役社長(現任)

学生時代から大戸屋でアルバイトをしていた山本社長は店主になると渋谷の人気店を任されほとんど休みなく働いたという。

今日は大戸屋HDの株価に注目です。 昨日のガイアでは散々で、社長のサイコパス具合が露呈した放送内容でした。 特に残業89時間してる人を詰める光景は酷すぎて見てられなかった… IR見てみたら業績悪化してるし、手遅れかもね。 結構本格的に株価下がっちゃうかもね #ガイアの夜明け #大戸屋 pic.twitter.com/jBKLjCqlye

定食店チェーンの大戸屋ホールディングスは11月5日、2019年4~9月期の業績を下方修正し、本業のもうけを示す営業損益が1億9000万円の赤字に転落する見通しだと発表しました。従来予想は4000万円の黒字でしたが、売り上げ計画が当初予定通りには進まなかったとしています。

大戸屋お客様相談室
0120-72-0108
※年末・年始等の期間中は受付時間が変更になる場合がございます。※お問い合わせの際は、番号をよくお確かめの上おかけください。
※受付時間外のお急ぎの場合は直接店舗へご連絡ください。※店舗の電話番号につきましては、検索サイト「店舗検索」にてご確認ください。
※「大戸屋お客様室」では、お客様へのご対応を正確に行う為とサービス向上の為に、電話内容を録音させて頂いております。

1