1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

fundoshi666さん

東芝の危機が明るみになったのはここからだった…

2015年、東芝不正会計が発覚

歴代3社長が、「チャレンジ」と称して、不振の事業部門に利益の上積みや損失の圧縮を厳しく求めた結果、税引き前損益は約2248億円も水増しされていた。

さらに2017年、原発事業で累計1兆円の損失…

アメリカの原子力事業で7000億円を超える巨額損失を計上し、一気に経営危機に陥った東芝。

2006年に買収してから12年で、累計1・4兆円の巨額損失を産んでしまったそうです…。

じゃあ、今の東芝はどうなっているのか…。東芝の平均年収を確認してみると…?

東芝の平均年収は915万円…!!
超高年収!

東芝の平均年収は900万円超え!でも、その内実は…?

2016年の従業員数→32,353人
2017年の従業員数→3,462人
2018年の従業員数→2,672

原発事業の巨額赤字が発覚後、東芝本社の従業員数は3万人近く減っていた…

従業員が減った理由①事業部の分社化

既に半導体メモリー事業の分社化を決定し現在売却先を募っている東芝が、更に主要4事業部門の分社化を決定。

2万人が新会社へ転籍したそうです

従業員が減った理由②子会社・事業の売却

東芝は6月1日、半導体子会社「東芝メモリ」を米Bain Capitalなどが組む「日米韓企業連合」に約2兆3億円で売却したと発表した。

半導体事業や家電事業の多くを手放しました…

従業員が減った理由③リストラ

東芝は11月8日、同社と一部の国内子会社から計約1060人の早期退職者を募集すると発表した。

再建に向けて

経営再建中の東芝は財務回復にめどをつけ、4月から銀行出身と生え抜きの2トップ体制で事業再建に取り組むことになった。

今後の東芝はどうなるのでしょうか…?
日本を代表する企業なので、ぜひ再建してほしいですね!!

1