1. まとめトップ

【閲覧注意】エアコンからゴキブリが落ちてきた時の【対処方法】

衝撃的な事にどのご家庭のエアコンからもゴキブリが落ちてくる可能性があります。予め対策をしておく事で、エアコンからゴキブリが落ちてくるという恐怖から逃れましょう!エアコンに潜むゴキブリの退治方法なども解説しています。

更新日: 2019年12月15日

2 お気に入り 417 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

暑い夏も寒い冬も欠かせないエアコンですが、定期的に掃除をするのも大変ですね。そのエアコンから、なんとゴキブリが落ちて来るかも!?という衝撃的な事実があります。

《ゴキブリの侵入経路と対策》

とてもショッキングですが、どのご家庭のエアコンからもゴキブリが落ちてくる可能性はあります。ゴキブリの侵入場所はこの3つです。

①室外機のドレンホース

ゴキブリは屋外にある室外機と部屋の中のエアコンの橋渡しをするホースや、配管用の穴などからエアコンに入ってきます。

ドレンホースとは、エアコン内の水を屋外へ出すためのホースで、どのエアコンにも必ず設置されています。排水のためのホースなので湿気も多く、ゴキブリが好む環境が整っています。

ドレンホースの対策は「防虫キャップ」をつけることです。

防虫キャップは先が網目状になっているので、ドレンホースにつけるだけでゴキブリくらいの大きさの害虫全般の侵入を防ぐことができます。

②エアコン配管用の穴

エアコンを設置する際ドレンホースなどを屋外に出すために壁に穴を開けます。

穴はパテなどで完全に塞ぐのですが、数年経つと劣化してウォールキャップとの間に隙間が生じてしまいます。その隙間からゴキブリが侵入する事があります。

対策は「穴をパテでしっかり塞ぐ」ことです。

隙間がかなり大きくなっている時は、エアコン専用の穴埋めパテで隙間を埋めましょう。

③ドア・扉や窓の隙間

意外とドアや窓の外からの侵入からエアコン内部に侵入するケースがあります。特に古いエアコンの場合は侵入する可能性が高くなります。

ゴキブリは湿度が高くて不潔な場所を好みますので、部屋はこまめに掃除して、頻繁に換気も行なうようにしてください。

ただし、部屋を換気する時は必ず網戸を閉めておきましょう。網戸も閉めずに開け放していると、ゴキブリが外部から侵入する原因になります。

《絶対にやってはいけないこと》

①絶対にエアコンを稼働しない

エアコン内のゴキブリを駆除する際に絶対に守ってほしいのが「エアコンを稼働しないこと」です。なぜなら、エアコンのファンでゴキブリが粉砕される可能性があるからです。

エアコン内でゴキブリが粉々になってしまうと、素人がきれいに取り除くのは困難。エアコンに異物が入ることで、故障の原因にもなります。

エアコンに入ったゴキブリを追い出すときは、絶対にエアコンのスイッチを入れないようにしましょう。

②エアコン内部に殺虫スプレーをかけない

ゴキブリを見てテンパるあまりやってしまいがちな過ちが、殺虫剤をエアコンに直接噴射してしまうこと。しかし、殺虫剤を直接エアコンに吹きかけるのはNGです。ガスによって発火やエアコン故障の原因になります。

「スプレーはエアコンから出てきたゴキブリに噴射」

ゴキブリを殺虫剤などで駆除するのはエアコンの外に追い出してから、というのが基本です。

《エアコンに潜むゴキブリの駆除方法》

①エアコンを軽く叩く

エアコン内のゴキブリを駆除するなら、まずはエアコンを軽く叩いてみましょう。音や振動にびっくりしたゴキブリが、エアコンから出てくることがあります。ゴキブリの動く音や様子を見ながら、少しずつ叩いてみてください。

②バルサン等くん煙剤を使う

エアコンを叩いてもゴキブリが出てこないときは、バルサンなどのくん煙剤を使って追い出しましょう。くん煙剤を使えば、部屋の隅々まで効果を発揮するので、エアコン内のゴキブリも駆除することができます。

家具や煙探知器にカバーをかける必要があり少し面倒ですが、部屋中の成虫を一網打尽にするメリットがあります。

③害虫駆除・清掃業者に依頼する

あれこれ手を尽くしてもゴキブリがエアコンから出てこないなら、最後は害虫駆除業者や清掃業者に依頼しましょう。エアコンを分解するので、ほぼ確実にゴキブリを駆除できます。

《参考にしたサイトはこちら》

《合わせて読みたいまとめ》

1