1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

多くの外国人が日本を訪れているが

2019年1~10月累計の訪日外国人旅行者数(JNTO推計値)は、前年同期比3.1%増の2691万4400人

2020年7月以降は東京オリンピックが開催され、政府は2020年には4,000万人、2030年には6,000万人を目標に据える

中国人が衝撃を受けるらしい・・・

「『ここが変だよ、日本の中華!』。こういうふうに思っている中国人はけっこう多いと思いますよ。

確かに日本の回鍋肉は、そういうふうにして独自に“発展”してきたのかもしれませんね。それは否定しません。

本場ではキャベツではなく・・・

最大の違いは、四川省ではキャベツではなく、ニンニクの葉を使うという点です。来日して初めて東京で回鍋肉を食べたとき、見た目の違いにまず衝撃を受けました。

日本の回鍋肉は甘いという・・・

日本では回鍋肉の調味料として甘いテンメンジャン(甜麺醤)を使ったりしますが、あれは四川人として、どうしても納得がいきませんね(笑)。四川料理は甘い料理ではないですから!

日本では「ホイコーロー(回鍋肉)」は 「豚肉とキャベツの味噌炒め」の事だけど、 これは日本向けにアレンジされたもの。 本場中国では違うのよね。 「回鍋肉」の名のごとく、「肉を、鍋に、回す」 つまり、「豚の塊肉を一度蒸すかor茹でて、柔らかくしたものを、炒める」料理です

また、一部の外国人は・・・

日本でも“雑草”と伝えられている食材を好んで食べる人は少ないので、外国人の気持ちも理解できるのではないでしょうか。

一昔前は「黒い海苔が不気味」だからと酢飯の中に海苔を巻いてカリフォルニアロールが生まれたというのは有名

海苔って外国人には黒い紙にしか見えないから嫌いという人が多いと聞くけど、確かに海草をペーパー状に乾燥させた食品って謎食品だよな。

ただ、最近では・・・

最近、中国人向けSNS上で彼らが訪日時に食べた食事として話題となっているのが「のり弁当」なのだという。

日本のTwitterでもこうした『キャラ弁』のような特徴的な弁当がよく話題になっており、中国人がその画像を拾って自分たちのSNSなどに転載するようになった

中国では、日本食の出てくるアニメやドラマがヒット。温めずにそのままお弁当を食べるシーンが、中国人に衝撃を与えたと言われています。なぜなら中国料理のほとんどが熱を加えたものだからです。

ほんの十年とか二十年くらい前では海苔が黒い紙みたいで食い物に見えないキモいとか言われてたように思うのだが、訪日外国人が普通におにぎり食うようになるとは、時代は変わっていくんだな。。

また、外国人から好評価なのが・・・

1 2