1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ヤベー雰囲気…「アメリカと北朝鮮」の緊張が高まりまくってた

友好イメージだったアメリカと北朝鮮の関係ですが、ここに来て緊張が高まりまくっているようです。

更新日: 2019年12月13日

7 お気に入り 21203 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■アメリカと北朝鮮は友好的な関係だった

キム委員長との関係は良好だと強調し、引き続き交渉を進めていきたいという考えを示しました

2月のニュースです。

米大統領は24日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長から今月親書を受け取り、その中で誕生日への祝意が伝えられていたと明らかにした

6月のニュースです。

トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は30日、南北の非武装地帯(DMZ)にある板門店で3回目となる米朝首脳会談を行い、非核化協議を再開することで合意

同じく6月のニュースです。

■しかし、一転して不穏な空気に…

北朝鮮は最近、ミサイル発射に加え、トランプ大統領に対する個人攻撃も始めており、米朝関係の悪化が懸念

北朝鮮が新たな挑発に踏み切る可能性を示唆していることについて、アメリカ国防総省は、自制を求めるとともに、アメリカ軍の備えは万全だと強調し、北朝鮮をけん制

「われわれがどの道を選ぶか決心を下す決定的なきっかけになった」と、強硬路線に進むことを示唆

北朝鮮の意見です。

■不安な兆候が強まっている。北朝鮮は「重大な実験」を実施と発表

クラフト米国連大使は、北朝鮮による大掛かりな挑発の構えを示す可能性のある「大いに不安な兆候」を米国は捉えていると警告を発した

北西部の平安北道(ピョンアンブクト)東倉里(トンチャンリ)の西海衛星発射場で「非常に重大な実験が行われた」と伝えた

専門家は、北朝鮮が実施したのはミサイル発射ではなく、ロケットエンジンの静止試験の可能性が高いとみている

■その実験と同時になぜか日本に対しても挑発を

日本人は新年をスマホの「警告音」で祝うことになるかもしれない。北朝鮮のミサイルの到来を告げる警告音で

「安倍(晋三首相)は本当の弾道ミサイルが何かを遠からず、それも非常に近くで見ることになるかもしれない」

北朝鮮は最近、このような好戦的発言を繰り返し発表し、アメリカや日本への対決姿勢を再びぐっと強めている

■これに対してアメリカは国連安保理で北朝鮮をけん制

アメリカが「挑発行為をやめなければ、相応の対応をする」と強くけん制しました

「米国は今回の会議招集により自らの首を絞めるような愚かな行為を働き、われわれがどの道を選ぶか明白な決心を下すのに決定的な助けを与えた」

北朝鮮側の談話です。

北朝鮮は、アメリカとの非核化交渉をめぐって一方的に年末が期限だとして譲歩を迫っていますが、アメリカが応じないことから態度を硬化させています

■両者の関係性は一気に泥沼化している

アメリカが11日の国連安保理の公開会合で、「挑発行為が続くなら、相応の対応を準備する」とけん制したことに対し、北朝鮮外務省の報道官は12日、メディアを通じた談話で「敵対的な挑発行為だ」と強く反発

「米国は口を開けば対話、対話と言うが、対話を開いたとしても米国が何ら提案を持ち合わせていないことはあまりにも明白だ」と主張

北朝鮮は米国を再び交渉のテーブルに着かせるために、日本を人質にとって挑発をエスカレートさせるかも

1 2