1. まとめトップ

【風邪予防】なかやまきんに君イチオシの7種野菜が話題沸騰!【ダイエット】

アメリカでの筋肉留学で栄養学などを学んだことで知られる芸人なかやまきんに君が、冬に食べるべき7種の野菜をオススメしていることで話題になっています!風邪予防、冷え性改善、便秘改善を目指している方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?

更新日: 2019年12月16日

2 お気に入り 2700 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

風邪予防、冷え性改善、便秘改善を目指している方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?

smashertrendさん

なかやまきんに君イチオシの、7種の野菜が話題に!

▼ニンジン

ニンジンにはカロテンと言う名前の由来にもなっているくらい、人参にはたくさんのカロテンが含まれています。β-タカロテンは抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。

▼ダイコン

大根にはジアスターゼと言うでんぷん分解酵素が多く含まれており、でんぷんに大根の汁を混ぜ合わせると分解が始まり糖に変わるからだそうです。その為、消化を助け、、胃酸過多、胃もたれや、胸やけなどに効果があるそうです。

ビタミンC、カルシウム、カリウム、マグネシウム、リンなどが豊富。ビタミンB群は脂質、糖質の代謝を助けてくれる効果があります

▼カボチャ

カロテン、ビタミンB群を多く含んでいます。特に西洋カボチャにはビタミンCも豊富な上、カロテンはホウレン草に匹敵するほど含まれています。

西洋かぼちゃには抗酸化ビタミンと言われているビタミンC、ビタミンE、そしてβカロテンが沢山含まれており、アンチエイジング効果があるとも言われています

食物繊維も豊富に含まれています。 カボチャには水溶性の他不溶性食物繊維が多く、便秘の予防や改善に役立ちます。

▼タマネギ

たまねぎの辛みと香り、そしてあの涙を出させている成分は主に硫化アリルで、消化液の分泌を促し、新陳代謝を盛んにする働きや、血をサラサラにする働きもあり、これにより高血圧や糖尿病などに高い効果があると言われています

ケルセチンはポリフェノールの一種で、紫外線から肌を守り、シミやシワを防ぎます。脂肪燃焼効果もあります。また、抗炎症作用があり、アレルギーの症状改善にも効果があります。

▼セロリ

セロリの特徴的な香りはアピオイルという精油成分やアピインなどによるもので、これらにはイライラを鎮め精神を安定させる働きがあると言われています。

カリウムを多く含んでいます。ナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果があります。また、長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ働きもあります。

▼キャベツ

ビタミンCは風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があり、ビタミンKは血液の凝固促進や骨の形成に貢献しています。

キャベジンと呼ばれるビタミンUを含んでいます。これは胃や十二指腸などに対する抗潰瘍作用があり、潰瘍の予防や治療に非常に高い効果があるそうです。

▼ゴボウ

ごぼうは水溶性、不溶性共に食物繊維を豊富に含み、便秘の解消に効果が大きい他、不溶性食物繊維の「リグニン」は腸内の発ガン性物質を吸着し、大腸ガンの予防効果があると言われています。

イヌリンという食物繊維は、特にごぼうには沢山含まれています。これは血糖値を改善する働きや、ビフィズス菌の成長を促し整腸効果があるといわれています。

1 2