1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

Ohyukinaさん

近年浸透してきた「終活」という言葉。

「終活」とは、「自らの人生の終わりに向けた活動」の略語で、自分が亡くなった際の葬儀、お墓、遺言の準備や、財産相続、身の回りの生前整理などを行うことを指します。

終活を行うと、自分自身の気持ちの整理はもちろんのこと、遺された家族の負担を減らすことができます。

しかし、これを狙って終活詐欺が増えているのをご存知でしょうか・・・

家族のためを思って行った終活が、悪徳商法や詐欺の被害に遭ってしまうという事例も増えてきています。

終活をしている人は、少なからず「お金」について不安を持っていたり、「孤独感」を感じていたりすると思います。

現金や資産を多く持っている高齢者が狙われることが多く、終活詐欺だけで400億以上の詐欺被害も報告されています。

終活詐欺、これは怖い。生前整理も信頼できるところがどこなのか…

こんな話には用心しましょう

終活に興味のある人達を一つの会場に集め、無料でプレゼントを配布したりお得な情報を伝える事で参加者の心をつかみます。

会場全体が独特な異様な雰囲気に包まれた環境なので、判断力が鈍ってしまいそのまま契約してしまうというケースが報告されています。

中には「終活バスツアー」と称して遠方まで連れていき、高額な健康グッズを押し売りしたり、「資産運用」といって株やビットコインを買わせたりといった事例もあるみたいです。

孤独なシニアに「お見合い」を持ちかけて財産を奪う、結婚詐欺まがいの被害もあったりして、もうなんでもアリな感じ・・・。

家族に内緒の終活は危険!

例えば、あなたがとある葬儀業者に一番安いプランで葬儀の生前予約をしたとします。

でも、いざ葬儀となった時・・・実はその葬儀業者は悪徳で、「生前に本人と話し合って決めたんだと一番安いプランで契約したのにも関わらず、遺族に高額費用を請求。

何も証拠がなければ、遺族は言われるがまま仕方なく…と大金を支払い泣き寝入りすることに。

エンディングノートの取り扱いにも注意

つまり、そのエンディングノートさえ手に入れば、全てを網羅できてしまうということ。

名前、生年月日、預貯金、クレジットカードの番号、口座番号、暗証番号、印鑑や通帳・クレジットカードの保管場所など

書き終わったら、必ずセキュリティのしっかりした場所に保管するか、ご家族に預けるなどして、決して他人の手に渡らないように気をつけましょう。

1