1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

知ってて役立つお掃除テク

年末は忙しいとはいえ、今年の汚れはきれいに落としてから新年を迎えたいもの。

そこで今回は、暮らしの達人主婦たちが教えてくれたお掃除のコツを集めてみました。

デンタルフロスで隅までキレイに!

古い歯ブラシでもなかなか取れない、隅の汚れまでもスッキリと掻き出すことができます。

ラップ密閉でカビを根っこから退治!

湿度が高いお風呂は、カビが根っこを張ってしまっていることもしばしば。そんな頑固なカビは、ラップを使ってしっかり落としましょう。

さらに上からラップで密閉し、10~20分ほど置きましょう。その後、ラップとキッチンペーパーを取り除き、洗剤をしっかり洗い流したら、お掃除完了です。

鏡をキレイにしたいときは、濡らした新聞紙がおすすめ!

鏡をキレイにしたいときは、濡らした新聞紙で拭くのがおすすめです。新聞紙のインクの油分で鏡がピカピカになるそうです。

「頑固なウロコ状汚れになるとメラミンスポンジなどが必要ですが、水垢などは新聞紙でキレイに落とせます。

新聞紙なら鏡を傷つける心配もありません。頑固な汚れになる前に、小まめに磨いてみてください。」

フロアモップは朝起きたらすぐかける

掃除する時間は、夜の間に落ちてきたホコリが積もっている朝がベスト。家族が活動している間はホコリが絶えず舞っているので、掃除してもまたすぐにホコリが落ちてしまいます。

寝室にフロアモップを置いておき、朝起きたら、寝室→洗面所→りビング→キッチンなどと、移動しながらモップをかけていくと、効率よく掃除できます。

カーペットの汚れはゴム手袋で落とす

普段、カーペットの掃除はどのようにしているでしょうか?掃除機をかける人が多いと思いますが、毛が長いカーペットは特に、奥の方に溜まったゴミが吸いきれないことがあります。

カーペットの掃除に使える裏技には、ゴム手袋を使います。ゴム手袋を手にはめ、カーペットの上を撫で付けてみてください。カーペットに残っていたゴミが集められ、きれいになっていくのがわかると思います。

ゴム手袋で撫でることで静電気が発生し、ゴミが集められるようです。全体をゴム手袋で掃除したあとは、掃除機をかけましょう。

油汚れは重曹とお湯で落とす

ガス台や換気扇の油汚れは、イソップ童話『北風と太陽』の「北風」のように力ずくではなかなか落ちません。

1 2