1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●多大な育児負担となる「多胎育児」

地縁血縁による支えがかつてよりも見込めなくなっているいま、双子や三つ子を育てる母親のためには、それを支える社会的なサポートが何よりも必要とされています。

●「三つ子育児」の苦労から次男を死なせてしまった事件も‥

三つ子を育てる母親が、「三つ子育児」の苦労から次男を死なせてしまったニュースが話題になりました。

2018年1月11日19時ごろ、愛知県豊田市に住む三つ子の母(当時29歳)が、自宅で生後11カ月の次男が泣きやまないことに腹を立て、床に2回たたきつけた。

・裁判長は「量刑は重すぎて不当とはいえない」などとして控訴棄却

弁護側は、執行猶予付き判決を求めて控訴。結局、名古屋高裁の高橋徹裁判長は、「原判決の量刑は重すぎて不当とはいえない」などとして控訴を棄却

事件では、双子や三つ子といった「多胎児」を育てる過酷さや、母親が出したSOSを支援に結びつけることができなかった行政側の課題も浮き彫りとなった。

●支援団体は、多胎児を育てる親を対象にアンケートを実施

・「子どもにネガティブな感情を持ったことがある」が93%

多胎児を育てる親を対象に支援団体が行った全国アンケート。1,591人から回答

この中では、「気持ちがふさぎ込んだり、子どもにネガティブな感情を持ったことがある」と答えた人は93%。

・育児でつらいことでは「外出が困難」が89%で最多

育児でつらいこと(複数回答)では「外出が困難」(89・1%)、「自分の睡眠不足」(77・3%)が多かった。

また、0歳の双子を育てるある家庭からは、「1日にオムツ替えが28回、授乳が18回あり、自分のための時間どころか、

●ネットでは、このニュースに様々な声が上がっている

命がけ、か、、、だろうなぁ。一人でも大変なのに。 大量出血で緊急入院も…親子ともに命がけ、「多胎育児」の壮絶な現実 yomidr.yomiuri.co.jp/article/201912…

1 2