1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

うらやま…。年末年始に「海外旅行」に行く人が過去最高みたい

今年も残すところあと少しになりましたが年末年始の予定は決まってますか?ニュースによりますと、今年の年末年始に海外旅行に行く人が「過去最高」になってるみたいです。

更新日: 2019年12月14日

9 お気に入り 38846 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■今年の年末年始は「最大9連休」

87%の人が「年末年始に休みがある」と回答。続けて、何連休になるかを聞いたところ、「9連休」が38%、「10連休以上」が7%

「わからない」と回答した人の割合も32%と多く、仕事などの調整がつかない可能性があることが伺えました

■そんな年末年始だが「海外旅行」に行く人が過去最高

年末年始の旅行動向は、国内・海外ともに平均費用が前年を下回って推移しているものの、海外旅行は過去最高の人数を更新する見込み

海外旅行人数は76.2万人(前年比+0.3%)、海外旅行平均費用は202,000円(前年比▲1.0%)出発日のピークは、12月28日(土)

JTBは「年末年始(2019年12月23日~2020年1月3日)の旅行動向見通し」で、国内旅行と海外旅行をあわせた延べ人数は、前年比2.0%減の3002万8000人となる推計を発表

■一方で旅行の費用は減少している

海外旅行の平均費用は前年比1.0%減の20万2,000円となる見通し。全体的に旅行に関する出費を控える傾向がみられる

海外旅行平均費用については、燃油サーチャージの低下や、全体的には旅行に関する出費を控える傾向がみられる

背景には、生活者の経済環境が影響しているとみられる。前述のアンケートで、今の自身の生活について聞いたところ、収入やボーナスが「減った」と回答した人が「増えた」と回答した人を上回っている

■人気の旅行先は?

1位 台湾 2位 イタリア 3位 スペイン 4位 中国 5位 エジプト 6位 ドイツ 7位 オーストリア 8位 ベトナム 9位 フランス 10位 イギリス

阪急交通社のデータです。

海外旅行の2位は昨年に引き続きハワイで、3位から5位はアジアが占めた。9連休が取りやすい日並びであることから、アメリカやイタリア、オーストラリアなど遠方の国もランクイン

こちらはJATAのデータです。1位は台湾、2位にハワイ、3位タイとなっています。

1位はバンコク。芸能人の年末年始滞在先のイメージがあるホノルル(ハワイ)は2位という結果に。日本から近い台湾やグアムもTOP5に入りました

エクスペディアのデータです。3位は台湾、4位グアム、5位タイの順です。

■海外はこのような結果となっているが、国内旅行は減少

国内旅行に出掛ける人は2926万6千人で、前年比で2・1%減少した。平均費用は3万2千円だった

国内旅行の同行者は「家族連れ」が65.2%と最多だが、その内訳は「夫婦のみ」(24.8%)が増加し、子連れや母娘、3世代旅行などは減少

国内では、関東(同2・7%増)と東海(同1・0%増)が前年より増加し、JTB商品の予約状況では令和で話題の伊勢志摩方面が好調

■公共交通機関を使う人が増加している

移動手段では乗用車(52.7%)が最多であるものの、新幹線や在来線、航空機などが増えており、子連れ旅行の減少に伴い今後は、公共交通機関の利用が増える

利用宿泊施設は「ホテル」が前年比3.8ポイント増の36.0%、「夫や妻の実家」が同1.3ポイント増の27.9%などとなった

国内旅行では、都道府県別人気ランキング(宿泊者数)トップは「千葉県」で、以下、「東京都」「大阪府」「北海道」「沖縄県」となり、順位はいずれも昨年と同じだった

1 2