1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ドラマで存在感…2019年輝きをみせたメンノンモデル出身の俳優たち

清原翔さんをはじめ、宮沢氷魚さん、鈴木仁さん、鈴鹿央士さん、水沢林太郎さんなど、テレビドラマを中心に『MEN’S NON-NO』モデルとしても活躍する俳優の方々が存在感を発揮していました。

更新日: 2019年12月14日

9 お気に入り 27809 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ラガモさん

若手男性俳優の登竜門的なファッション雑誌の一面も

1986年5月9日に女性ファッション誌『non-no』の男性版として創刊。

モデルの枠を超え日本の芸能・エンターテインメントに大きく貢献する俳優陣を排出し続けている、若手男性芸能人の登竜門的ファッション雑誌。

おしゃれマニアのみならず、おしゃれに興味を持ち始めた人にも役立つ「ファッションの攻略本」です。

そんなメンノン現役モデルたちが、2019年

たとえば、清原翔 1993年2月2日生まれ、神奈川県出身

『MEN’S NON-NO』のモデルとして人気となり、いまやCM、ドラマ、映画にも出演しクールな塩顔イケメンとして話題の清原翔

現在も同誌の“顔”の一人でありながら、その一方で、2015年のCMへの出演を皮切りに、ドラマ、映画と、俳優活動も展開させてきた。

一見、チャラそうな今風な青年だが、出生に大きな秘密を抱え、苦しみ抜いた末に大事件を引き起こした、生活事故死課の職員・ハヤシ役は清原が務める。

#死役所 第5話今日深夜放送です❗️ シ役所職員・ハヤシの過去に迫る話です。 お気楽そうに見えるハヤシが死刑囚になった理由とは…⁉️ ハヤシくんこと、#清原翔 さんの剣道着姿も拝めますよ…❗️ #松岡昌宏 #黒島結菜 #松本まりか #でんでん pic.twitter.com/luwAt3oRAl

宮沢氷魚 1994年4月24日生まれ、東京都育ち

本日発売の #anan 「纏う、色気」特集に登場しております! 是非、お手にとってご覧くださいませ! pic.twitter.com/kMZeI5YOCH

2015年、第30回『MEN’S NON-NO』専属モデルオーディションでグランプリを受賞しモデルとしてデビュー。

元THE BOOM宮沢和史とタレント光岡ディオンの長男として生まれ、父親の面影を残した端正なルックスやアメリカ育ちの才色兼備な要素を持つサラブレッドとして注目

2017年、ドラマ『コウノドリ』第2シリーズで俳優デビューを果たす。以降、ドラマ『トドメの接吻』、『僕の初恋をキミに捧ぐ』、映画『賭ケグルイ』などに出演。

伴野丈は25歳のフリーカメラマンで、杏演じる主人公・鐘子が恋に落ちる年下イケメンいう役どころ。

自身も幼稚園から大学までインターナショナルスクールに通ったという宮沢は「自分の経験を生かしてナチュラルに演じたい」と話す。

鈴木仁 1999年7月22日生まれ、東京都出身

1 2 3