1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『あした死ぬには、』だけじゃない!『雁 須磨子』のおすすめマンガ

40代女性のリアルを描いた『あした死ぬには、』が話題で、「このマンガがすごい!2020」で3位に選ばれた漫画家「雁 須磨子」のおすすめ7作品。『どいつもこいつも-花の自衛隊グラフィティ-』、『かよちゃんの荷物』、『いばら・ら・ららばい』、『右足と左足のあいだ』、『こくごの時間』、『のはらのはらの』。

更新日: 2020年01月22日

8 お気に入り 5690 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『どいつもこいつも-花の自衛隊グラフィティ-』

憧れの先輩を追いかけて婦人自衛官になった朱野(あけの)。だけどその実態は…!?花の自衛隊グラフィティ☆

雁須磨子『どいつもこいつも』 自衛隊コメディ漫画。 題材は堅そうだけど、中身はコメディ8:ラブ2なので初心者(?)も安心。 未読だったのを個人的カリスマブームにのっかって読んだら、未読だった事を大後悔する面白さでした。 どいつもこいつも大変に素敵なキャラクターばかりです。

RTの雁須磨子さんの『どいつもこいつも』めっっちゃオススメです!自衛隊の業種モノとしても面白いですし、2枚目の筋肉木偶の坊 立花二曹、ワンコかわいい乙犬くん、変態な岡二曹などメンズも見応えありだよーw

◆『かよちゃんの荷物』

阿部かよ子、通称かよちゃん。今年で三十歳。無職になったり激太り・激痩せしたり、二十歳の弟に結婚を先越されたりしているけど、なんだかんだで雑貨屋さんに再就職して、気の合う年下男子(美容師)と出会ったり、人生山あり谷あり。

久しぶりに読んだら、もう本当に楽しくて、あーーー雁須磨子好きだ!! ってなった。 『かよちゃんの荷物(雁須磨子)』 30歳前後の自分の心許なさというかもう30なのにって気持ち思い出す。 でもあれはあれでいいものだったな(過ぎたから言えるw)。 pic.twitter.com/fLhHEDZjtk

雁須磨子先生の小回りや構図やセリフの配置は漫画って最高だなって思わす素晴らしいさがある! かよちゃんの荷物大好きだ〜。 借りて読んだ事あったけど買ってしまった。 かよちゃんの荷物 1 (バンブー・コミックス) 雁 須磨子 amazon.co.jp/dp/4812465753/…

◆『いばら・ら・ららばい』

とんでもなく美人でスタイル抜群だけど、生きていくのが不器用な茨田あい、と周囲の男女の恋愛模様。小さな嫉妬心や言えない本音……『かわいくなりたい、素直になりたい』と願うすべての女子に捧げる。雁須磨子ワールドの新境地。

最近、雁須磨子作品を読んでないので、『いばら・ら・ららばい』を読んで英気を養う。やっぱりめちゃめちゃ面白いなぁ。雁須磨子作品は定期的に摂取すべき。

雁須磨子の「いばら・ら・ららばい」読んだ。女子群像劇。特にサブカル女子の話はささるわぁ。 amazon.co.jp/%E3%81%84%E3%8…

◆『右足と左足のあいだ』

セックスできなくなった新婚カップルの半年間、“褒められっ子”のホントは嫌いな言葉、地味女(35)と失礼オヤジ(40)の恋の始まり、失踪中の長女が置き去りにした夫とその家族など、おんなのホンネを自然体かつにぎやかに描いた8編を収録。

108『右足と左足のあいだ (FEEL COMICS)』(雁須磨子 著) を読み終えたところです / 読んだことあったけど購入。あーー雁須磨子先生の漫画は面白いなぁーー、好きだなぁーーー!なんでこんな何気ないけど大切なことを拾って漫画にできるんだろう。 https://t.co/gOwVyf75p1 pic.twitter.com/KINrNJfBga

『右足と左足のあいだ』読んだ。雁須磨子先生が描く様々な不満を内に秘めた女性が主人公の短編集。相変わらず雁須磨子先生は深い階層のキャラクタ心理を描いているなぁ。他の漫画家さんと一線を画する。地味女性を描くのに普通はあんなアプローチをしない。素晴らしい。雁須磨子読んでない人は皆読もう

◆『こくごの時間』

忘れていた、あの時間、あの文学、あの気持ち。国語の時間に読んだ本がつなぐ「あの頃」と「今」。教科書オムニバス・ストーリー!!

国語の教科書がトレンドに入ってて思い出したけど 雁須磨子さんの『こくごの時間』をみんな読んでほしいんだ…… 国語の教科書大好きで読み込んでた人に間違いなくブッ刺さるから…… cmoa.jp/title/92266/

雁須磨子『こくごの時間』読了。古い国語の教科書を経営するカフェに置いたのをきっかけとして「教科書に載っていたあの話」をフックとして現れる人間模様を描くオムニバス作品。国語の教科書に思い入れがある人は絶対に楽しめる漫画です「山月記」などの鉄板から「言葉の力」「夕焼け」まであるの…!

◆『あした死ぬには、』

20代ほどがむしゃらじゃない。 30代ほどノリノリじゃない。 40代で直面する、心と身体の変わり目。立ちはだかる40代の壁。 突然の病気、更年期障害、取れない疲労、働き方の変化、お金の不安、これからの人生プラン…… 私のあしたはどうなるの!?

一休み中に雁須磨子さんの「あした死ぬには」を読む。ああ、何から何まで心に刺さるわあ…>RT

1 2