1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

やるせないニュース…無印良品が中国でそっくりブランドに敗訴

世界で人気の無印良品ですが、なんと、中国にて無印のそっくりブランドに訴訟で敗訴していたことが分かりました。

更新日: 2019年12月16日

8 お気に入り 20002 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■商標を巡って中国企業が無印良品を提訴

「無印良品」という商標を巡って、中国企業が日本の良品計画を提訴

無印良品は中国において多くの商品区分で商標を獲得していたが、一部の区分で中国企業によって商標を取られていた

中国で、「無印良品」の商標を先に登録したとする地元企業と争っていた

■中国企業の言い分は

中国企業が、日本で「無印良品」を展開する良品計画に対し、タオルや枕カバーなど一部の商品で商標を無断で使用されたと訴えていた

中国企業は2001年にタオルやシーツ、掛け布団などの区分で「無印良品」の商標を登録。一方、良品計画は05年に中国子会社を設立し、同国に進出

中国企業は「無印良品とはまったく無関係であり、自ら立ち上げたブランド」であると主張する一方、同企業の店舗を見てみると「無印良品の店舗デザインから商品のデザイン、さらには陳列などにいたるまでそっくり」

■要するに無印良品そっくりにも関わらず、商標登録が中国企業が先だったために敗訴した

専門家の話として、良品計画は中国市場に参入する前に商標登録を済ませておくことができず、他社に先を越されたと指摘

日本の良品計画は「中国の一部の商品で先に商標を登録され、誤って商標を使用した」とのコメントを発表

■この発表には日本国内から落胆の声が

無印の偽物ブランドが本家無印を訴えて勝訴したとのこと。中国での出来事だが、倫理観無いんじゃないかと思う。 渋沢栄一に学ぶ資本主義の基盤ー無印良品問題から考えるー #BLOGOS blogos.com/outline/423868/

@mikodonit 日本企業の落ち度ということかな。まさかの商標を中国出先に取られちゃってそこまではいいけど、理念もブランディング、デザインもそのまま使っているし、その辺はどうなのかな。一番怖いのが中国外ででかい資本を元に店舗展開されたらリアル無印なんてすぐ過去のものになってしまうコト。

本物が勝てないって凄いね。商標権を中国で取らなかった無印が出遅れたというのが致命的なのか...権利の世界。 https://t.co/aROfhKM9bm

中国側が無印良品に偽て商標登録した企業が、中国で販売していた日本の無印良品を訴え、勝訴したって言うのはなんだかなぁ。

無印良品、中国パクリ企業に商標で敗訴。中国人からも揶揄する声 - まぐまぐニュース! - mag2.com/p/news/?p=4298… via @mag2_news ひでえ話だ。無法者国家だな。

本家無印商品が中国の模倣商標、元印良品に 商標権裁判で敗訴した。 呆れるが中国の裁判は最初から結果は 分かっているようなもの これにより中国国内で商標が使えなくなり1000万の 賠償を命ぜられた これを中国による知的財産の侵害という ドラえもんもディズニーもコピーされる国が中国である pic.twitter.com/24oEAR2bad

■中国国内からも批判の声が

店舗や商品デザインが酷似しているにも関わらず「日本がパクった」と主張していることについて「恥ずかしい」と批判も殺到している

「ファンたちはどちらの店に入るべきかは一目で分かる」と強調。なぜならファンが欲しい商品は本物の無印良品にしかないからだと伝えている

中国のインターネット上では「偽物が勝つなんて悲しい法律だ」といった批判がある一方、「法治国家だ、すばらしい」という書き込みも

■中国ではこのような不可解な判決が相次いでいる

1 2