1. まとめトップ

温泉で卒業論文!?1泊1万4食付きの面白いプランがTVで話題に…

書いても書いても終わらない不思議な存在、卒業論文。そんな学生さんをターゲットに、現役大学生が考案した格安宿泊プランが話題になってるそう。TVで紹介されてた内容を簡単にまとめました!

更新日: 2019年12月16日

1 お気に入り 647 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「卒論に縛られた毎日」そんな学生さんに朗報だよ。

この記事でわかること

・現役大学生が考えた宿泊プランが話題に。
・「卒論執筆プラン」は何がすごい?
・「温泉で卒論」のメリットは何か?
・遠ければ、近くで温泉宿を探してみよう

現役大学生が考えた「卒業論文」地獄への救済。

TV番組「坂上&指原のつぶれない店」で紹介されたThe Ryokan Tokyo Yugawaraにある宿泊プラン「卒論執筆パック」は、名前の通り卒業論文完成を目的とした宿泊を応援する内容。主な内容は以下の通り。

【お食事】
1泊2日4食付き
夕食・朝食・昼食に加えて、夜間の作業のお供に夜食が付きます。

【設備・サービス】
・コーヒー・紅茶飲み放題
・Wi-Fi完備
・卓上ライト貸出
・エナジードリンクお一人様一本プレゼント
・湯河原源泉掛け流しの天然温泉(16:00-23:00|6:30-9:30)

「卒論執筆プラン」は何がすごい?

この宿泊プランのポイントは、温泉宿では珍しい昼食付であること。飲み物も飲み放題なので、食事のために外に出る必要が無く、おこもりを決め込むことも可能ということです。

また、この宿泊プランの魅力は価格にもあります。食事が朝昼晩+夜食までついて、温泉にも入れるのに…こんなにもリーズナブルなんです。

卒論執筆パック 一夜漬けプラン  ¥10,000~
卒論執筆パック 二夜追い込みプラン¥9,600~
卒論執筆パック 三夜脱稿プラン  ¥9,300~

あら不思議、完成まで日数をかけるほど安くなる(笑)
一般的な宿でいう“連泊割”に近いものなのでしょうね。

「温泉で卒論」のメリットは何か?

1.「温泉で息抜き」は効率がいい

「せっかくの温泉でそんな缶詰め状態、気が狂うよ」と感じた方もいるでしょう。その不安を解消するのが館内の温泉というわけです。温泉ならのぼせてしまうので必要以上に時間をつぶしてしまう心配もありませんし、なにより短時間でリフレッシュできるというわけですね。何よりヘルシーな解決法なのが魅力的。

個人的に、食事後の眠気に撃ち負けそうなときに温泉、というタイミングがオススメ。熱いお湯で適度に目が覚めます。(温泉後に食事を食べたら睡魔やばいですよ)

2.温泉宿なら食事も掃除も不自由しない

最初にも触れましたが、飲み物や食事が提供される環境だと生活リズムがシンプルになりやすいですよね。「洗濯しなきゃ~」「ご飯作らなきゃ~」「米無いや終わった」これだけで数時間は過ぎることでしょう。また、恐ろしいことに人間は“やりたくないことをやっている時”、別のことをして現実逃避したくなるものなのです。(次に続く)

3.温泉の客室なら気が散らない

温泉旅行の時、客室に入ってしばらくすると暇になりませんか?そう、旅先だと物が少ないんです。つまり気が散らないんです!
自分の部屋だと読みかけの本を今更読破したり、謎の模様替えが始まったりと集中力が切れがちになる方は、温泉で卒論はかなりおすすめ。客室に逃げ場はありません。

遠ければ、近くの温泉宿を探してみよう

卒論執筆パックに興味が湧いたという方は多いと思いますが、「遠いから無理」と感じた方も同じくらい多いことでしょう。この温泉宿ほど卒論に寄り添ってくれる旅館は他に無いはず(調べたけどなかった)。ただ、“同じ条件を揃える”ことは全国各地で可能なはずです。

というわけで、条件を具体的に言い換えると以下のような感じ。

・宿泊費が安い
・館内にレストランがある
・館内に温泉がある
・オールインクルーシブのプランがある
・連泊割引がある
・Wi-Fi完備

この条件なら揃えられそうですよね。友達を誘って宿泊人数を増やすことで一名当たりの宿泊料を安くするという方法もあります。

また、温泉が近くにない場合はワークスペースを探すのもオススメ。色々な人が働く場所であれば、コーヒーのサービスや備品レンタルなどが充実しています。割高であったり月での契約になったりしますが、「研究室や部屋ではどうしてもできない!」という人にはいいと思います。

まとめ

卒業論文の追い込みにかかった時といえば、睡眠不足やストレスで心身ともに擦り減ったりするもの。私自身、ギリギリまで本腰がはいらずひたすら部屋の模様替えにいそしんでしまいました。私のようなタイプの人にとっては、「温泉で卒論」という選択肢もナシ寄りのアリな気がします。

ここから一気に冷え込みますので、身体を壊さないようラストスパート頑張ってくださいね!

1