1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

恒例だけど年賀状やお年玉、お歳暮をやめたいと悩む人々の憂鬱

年末年始に恒例となっている年賀状やお年玉、お歳暮などをやめたい…と悩む人が増えているようです。そのような人々の意見や対処法についてまとめます。

更新日: 2019年12月17日

11 お気に入り 7591 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■年賀状

年賀状(ねんがじょう)とは、新年(正月)に届くよう送られる郵便葉書やカードを用いた挨拶状のこと

日頃お世話になっている方々に感謝の気持ちを込めて、新年をお祝いする言葉を用い昨年の感謝と新しい時も変わらないお付き合いを依願する

最近はメールで新年の挨拶を済ませる人も増えていますが、デジタル時代だからこそ紙の年賀状は心に響きます

■これをやめたい「年賀状スルー」する人が増えている

出さない、SNSで一気に終わるという人も。SNS、ツイッターでは今話題の忘年会スルーにちなみ“年賀状スルー”の投稿も

最近では年賀状を「卒業」する人も多いようだが、それもまた一つの選択なのかも

■義理のために出すのは苦痛…

年賀状を送っている人の中で、日頃の感謝やご挨拶で出す方が42%いるのに対し、惰性や義務感で送っている方は58%にのぼっています

年賀状やめましたって近年多いみたいなんだけど、話聞いてると親戚には出してると。そこが一番面倒でない??私そこをやめたいんだけど...友達や元職場等の繋がりの人とはいただくのも楽しいんだけど親戚類って一言添えるのも毎年どんな文面にするか悩むしまじ義理だから苦痛

年賀状、昔よりだいぶ減った、結果書くのが苦痛でなくなった(笑) きっと義理年賀状をやめたから?かな…

■一方で大切な何かを失ってしまうケースもあるみたい

「正月早々、縁切り状をもらうのは不快」「寂しい気持ちになるので、せめて寒中見舞いとして送ってほしい」

はがきどころか電話も来なくなる。ひそかに楽しみにしていた教え子たちとの飲み会や、昔の研究仲間との小旅行にも呼ばれなくなってしまった

LINEグループの間でのみ、メッセージで年賀のあいさつや近況報告をかわしている。作成ストレスゼロ、はがき不要、好きなだけ長文が書けるなど「省エネ年賀状」はいいことずくめ

なのでLINEなどでおめでとうは伝えるようにしましょう。

■そして「お年玉」もやめたい…と願っている人も

お年玉をやめたいのですが・・姪っ子が4人います。大学生 高校生 中学生 小学生4人兄弟です。一番上の大学生が昨年成人式でした。成人式のお祝いと昨年はお年玉を渡しました。出来れば今年はなしにして欲しい

親にとって「お年玉」が経済的負担になるか聞いたところ、「かなり負担」「どちらかというと負担」を合わせて77.2%

■制限する人が増えている

就職または大学を卒業したら終わりと約束しておきました。おい、めいの子どもには、金額をぐっと少なくし、お正月の親戚の集まりに会った時だけあげることにしました

義兄から「次のお正月からお年玉のやりとりをやめよう」と言われた。義兄は子ども2人。うちは子ども5人、私が6人目を妊娠中で12月に出産予定

「子どもはいつまでお年玉をもらうべきか?」の質問に対しては「高校生まで」が49.6%で最も多く、大学に進学したらできればやめたい人が多い

1 2