1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

『一心桜体』になるほど!2019年の創作四字熟語がどれも秀逸

住友生命が創作四字熟語の優秀作品を発表。今年の世相を4文字で表現している。国際令和、一心桜体、変幻税率、考齢運転、深夜閉業などが優秀作品に選ばれた。グレタさんを表す環境活嬢が入選している。

更新日: 2019年12月18日

1 お気に入り 1950 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nobodyelseさん

2019年の世相は?住友生命が創作四字熟語を発表

約2万点応募の中から10の優秀作品と40の入選作品が選ばれた。

応募作品をジャンル別にみると、新天皇即位や改元、台風や高齢ドライバーといった社会ジャンルの応募が8954作品。

優秀作品『国際令和』

4月1日に新元号を発表。2019年5月1日からは令和になった。

このうち最優秀作品は「国際平和」をもじった「国祭令和」で新元号で日本中がお祭りムードになった様子を表しています。

優秀作品『一心桜体』

ラグビーワールドカップで日本代表が躍進。ワンチームは流行語にも選ばれた。元の四字熟語は一心同体。

ラグビーW杯からの「一心桜体」は、ワンチームの精神をみごとに表している。

桜の戦士たちの快進撃により、初の「七転八強」入りという歴史的快挙を達成しました。

元の四字熟語は七転八倒。「勇桜果敢」も入選している。

優秀作品『変幻税率』

10月から消費税率が10%に上がった。食品などには軽減税率(8%)を導入している。

同じ食料品でも、持ち帰りと店内飲食で税率が変わる軽減税率を、「変幻税率」と言い換えるとは、まさに言い得て妙。

元の四字熟語は変幻自在。

優秀作品『電池創造』

リチウムイオン電池の開発への貢献でノーベル化学賞に輝いた旭化成の吉野彰さんをたたえる「電池創造」

元の四字熟語は天地創造

優秀作品『考齢運転』

今年は高齢者の自動車事故が話題になった。ドライブレコーダーの有効性も再認識。「事故防映」が入選している。

高齢ドライバーによる事故も多く報道され、「考齢運転」で免許証を自主返納する動きも顕著になりました。

優秀作品『深夜閉業』

今年はセブンイレブンが24時間営業の短縮実験を行うことになった。

コンビニエンスストアの24時間営業が問題視され、「深夜閉業」に踏み切る店も現れた。

優秀作品『一機一風』

はやったといえば、2019年の夏、街行く女性たちが手にしていたのは携帯型の扇風機。

その他の優秀作品

・右英左英 …英国がEU離脱で右往左往
・茫然城失 …首里城が火災で焼失し茫然自失
・英語延定 …英語検定試験が延期になった

1 2