1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

宇宙ヤバい…最近発見された「興味深い地球型惑星」

スケールが凄すぎてわけが分からなくなるw

更新日: 2019年12月19日

16 お気に入り 28183 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■広大な宇宙

宇宙は約137億年前に誕生したとされているが、現在も光の速さを超える速度で膨張を続けており、正確な大きさは分かっていない。

私たち人類が「観測可能な宇宙」は、地球を中心とした半径約470億光年の範囲と推定されている。

■「地球のような惑星」も数多く発見されている

主に岩石や金属などで構成され、金属からなる中心核、厚い岩石質のマントル、最も外側の密度の低い岩石質の地殻がある。

太陽系では水星、金星、地球、火星が該当し、太陽系外でも地球の数倍程度の質量を持つ「スーパー・アース」が多数発見されている。

■最近発見された「興味深い地球型惑星」

表面温度が1800℃の灼熱の惑星

Discovery Alert! A hellish exoplanet has a new rival, and it could be even hotter than the lava world known as 55 Cancri e! HD 213885b hugs its star so tightly that a "year" – one trip around the star – takes little more than an Earth day. go.nasa.gov/2Pbr3ZU pic.twitter.com/GoIFopIrfa

「HD 213885b」

南天のきょしちょう座の方向およそ156光年先にある恒星「HD 213885」を周回する系外惑星。

直径は地球の約1.74倍、質量は地球およそ8.8個分というスーパー・アースで、最大の特徴はその公転軌道。

主星との距離がおよそ0.02天文単位(太陽から地球までの50分の1)しか離れておらず、地球の約1日ほどで一周する。

表面温度は摂氏およそ1800度と推定され、表面では岩が融けてマグマの海が広がっていると考えられている。

生命が居住可能なハビタブル惑星

今年2月に発見された、地球からうみへび座の方向に約31光年離れた位置にある赤色矮星「GJ 357」を公転する3つの惑星の内の1つ。

地球の約6倍の質量と2倍近いサイズを持つスーパー・アースで、ハビタブル・ゾーン内に位置。

「厚い大気層さえあれば、中心星から受ける熱を蓄積できるため、水が液体状で存在する可能性が非常に高い」と考えられている。

大気層の有無や惑星の構成物質に関しては、今後「トランジット(恒星面通過)」法による観測を行い、明らかにするという。

地球に一番そっくりな環境の惑星

【移住先】史上最も『地球に似た環境の惑星』が発見される‼︎ gigazine.net/news/20190620-… 国際研究チームが地球から約12.5光年先の赤色矮星"ティーガーデン星"に2つの惑星を発見。うちの1つはこれまで発見された星の中で、最も地球に似た環境を持つとみられている。 pic.twitter.com/eOXDQsV9o6

「ティーガーデンb」

太陽からおひつじ座の方向に約12.5光年離れれた位置に存在する赤色矮星「ティーガーデン星」を公転する2つの惑星の内の1つ。

ティーガーデン星は、太陽のおよそ半分の温度で大きさは10分の1、光度は約0.07%と非常に暗い星で、生命が存在可能な領域も、太陽系と比べると恒星により近い位置にあると考えられる。

どちらの惑星も水が液体で存在しうる領域に位置しており、特にティーガーデンbは気温が28℃前後という可能性があるとのこと。

ティーガーデンbの「地球類似性指標(ESI)」は0.95で、これまで発見された惑星の中で最も地球に近い惑星と評価されている。

※「惑星や衛星が地球にどれだけ類似しているのか」を地球を1.00として表す指標

ハビタブルゾーン内にあり、水蒸気の痕跡が観測された史上初の惑星

For the first time, scientists have discovered water on K2-18b, the super-Earth planet about 111 light-years from our solar system. It's now the only super-Earth exoplanet known to host both water and temperatures that could support life. It's around twice the size of Earth. pic.twitter.com/XlIFV6s8Ey

「K2-18b」

2015年に発見された、地球からしし座の方向に約124光年離れた位置にある赤色矮星「K2-18」の周囲を公転している太陽系外惑星。

1 2