1. まとめトップ

【高級日本酒12選】いつかは味わいたい最高峰の日本酒!贈り物にも

特別な日や贈り物におすすめな高級日本酒。ただ金額が高いだけでなく、各蔵元が原料や製造方法など品質にこだわり造り上げた最高峰のお酒たち。日本酒好きだけでなく味わってほしい銘柄の数々です。知っておくだけでも損はない極上の日本酒をご紹介します。

更新日: 2020年01月23日

4 お気に入り 1693 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

lovesakeさん

贈り物にも最適なおすすめ高級日本酒12選

日本を代表する日本酒や、日本のみならず海外でも認められている銘柄まで。数ある高級日本酒の中でも最高峰の日本酒をご紹介していきます。

獺祭 磨き その先へ

オバマ元大統領へのプレゼントにもなった、旭酒造の最高品質の獺祭。

日本最高峰ともいわれる高精米でつくられた「獺祭磨き二割三分」という、高品質な日本酒を越えるものをということでつくられたお酒。「獺祭 磨き その先へ」という名前には「獺祭磨き二割三分」をよりよくしたものではなく、別のものとして高品質な日本酒を完成させたいという想いが詰まっています。

クセがなく飲みやすい、それでいて重なり合う味から複雑な味わいを感じることができるはず。日本酒をよく知らない人でも一口飲んだら、いいお酒だなと感じることができるプレミアムなお酒です。

価格:720ml 33000円

鷹ノ目 ホークアイ

米、水、素材にこだわり、うまさだけを追求した日本酒。

「鷹ノ目(ホークアイ)」はコストは考えず、ひらすらうまさを追求してつくられたお酒。南国のフルーツのような香りが広がり、パイナップルのような甘味・爽やかで心地の良い酸味・オレンジの皮のような苦味のバランスが取れており、飲んだ者を虜にしていきます。

鷹ノ目の精米歩合は非公開。数字にうまさの評価を預けることなく、本物のうまさを追求しました。飲む者も数字にとらわれることなく、素直に心でうまさを感じることができるはずです。

「鷹ノ目」というその名のごとく、高い視点から日本酒業界の問題をとらえ、固定概念にとらわれない日本酒造りを行っています。うまさに妥協をしないそのコンセプトから、生産数に限りがあるので、注意!週に1度のみ、毎週水曜日の21時から数量限定での販売を行っています。

価格:13,200円

醸し人九平次 彼の岸(ひのきし)

日本酒の存在を再定義。今の世界とは別の悟りの境地、彼の岸を感じる。

「醸し人九平次 彼の岸」はワイングラスで楽しみたい日本酒。山田錦30%精米の純米大吟醸です。料理や室温によって表情を変えるので、その対話を楽しむことで、食のシーンがさらに盛り上がります。

洋ナシのフルーティーさと共に、花の香りを感じます。スパイシーな白胡椒の香りがまとまりを生み出しており、時間が経つとより濃厚なスパイシーさに。長い余韻がお米の繊細な味わいを残します。

価格:720ml 11,000円

仙禽 醸(かもす)

SAKE COMPETITIONの高級酒部門で1位を獲得したブレンド日本酒。

「仙禽 醸」はフランス、ボルドーワイン作りに使用されるアッサンブラージュという技法でつくられたブレンド日本酒。山田錦、亀の尾、雄町が使用されています。

イメージする日本酒を目指して、それぞれの良さを引き出すように配合率を考えて行った結果、黄金比が生まれました。華やかな味わいの山田錦がベースにあり、味のタイトさは亀の尾から、奥行きのある味わいは雄町から来ています。

価格:720ml 10,000円

勝山 ダイヤモンド暁

『液体のダイヤモンド』と呼ばれる醸造の技術を詰め込んだ日本酒。

「勝山 ダイヤモンド暁」は山田錦を使用し、精米歩合は35%の純米大吟醸。新しい醸造哲学・醸造理論・醸造技術を駆使してつくられた、極上の美酒です。まるでダイヤモンドを彷彿させる味わいは、透明感があり、米のうまみと甘味を感じられます。

価格:720ml 33,000円

NIIZAWA 純米大吟醸 2018

アートとコラボレーションした最高級の日本酒。

精米歩合7%という世界最高峰の精米によりつくられた、お米の甘さを楽しむことができる純米大吟醸。賞を受賞したアーティストの提案によりつくられるラベルが印象的です。アーティストを世に広めるきっかけになると共に、日本酒を世界に広げる場にもなります。

食中酒の先駆者ともいわれており、強すぎる薫りは抑え、お米本来の甘さと薫りを感じることができます。

価格:720ml 66,000円

作 (クラウン)

作シリーズの最高峰、真の大人のための究極の酒。

最高の味わいを求め、品評会のためにつくられたお酒をそのまま品質を保って商品化した日本酒です。商品化するための効率化などは無視。手間暇を惜しまずにつくられました。

作シリーズの特徴であるスッキリさはそのまま残し、華やかな薫りと滑らかな舌触りを感じることができる、気品ある味わいです。

価格:720ml 33,000円

梵 超吟

福井が生む日本を代表する日本酒、梵シリーズの最高峰。

日本酒好きの誰もが憧れるザ・高級日本酒!の銘柄です。山田錦を使用し、精米歩合20%の純米大吟醸。マイナス10度で約5年熟成されたお酒を中心にブレントして作られています。豊かな香りと味わい深さに感動を覚えるはずです。

価格:720ml 11,000円

酔鯨 純米大吟醸 DAITO 2019

海外でも認められた味!酔鯨の最高峰の日本酒。

「酔鯨 純米大吟醸 DAITO 2019」は酔鯨のブランドの1つ。毎年造られており、2019年が4回目。ラベルは和を感じる可愛らしいデザインです。この日本酒は、3つの強いこだわりをもって作られています。

1つ目は、精米歩合30%の山田錦を使用すること。2つ目は酵母を2つ使用すること。そうすることで、米の旨味を表現した華やかな純米大吟醸のキレのある味わいが特徴の酔鯨を作り出すことができます。3つ目は酸素に触れさせない「中取り」だけで造るという点。その風味と旨味を保ったまま瓶に詰め込みます。

価格:720ml 22,000円

黒龍 石田屋 純米大吟醸

限定品なので手にできたらラッキー?初心者でも飲みやすい日本酒。

「黒龍 石田屋 純米大吟醸」は生産数が限られている限定品。低温で熟成させているため、旨味とまろやかさがあります。スッキリとした中に優しさを感じるような味わいです。35%精米の山田錦を使用した純米大吟醸。生産本数に限りある限定品です。

価格:10,000円

楯野川 純米大吟醸 光明

精米歩合わずか1%!未知の世界に挑戦した日本酒。

「楯野川 純米大吟醸 光明」は日本で初めて精米歩合1%で造られたお酒。前例のないことへの挑戦と、この先の日本酒の世界に明るい光がさすように、という意味が込められて名づけられました。

香り豊かでほのかな甘さを感じる味わい。日本初の1%精米という、他にはない繊細で透明感を感じることができます。

価格:720ml 110,000円

磯自慢 La Isojiman 2018

世界の舞台でも活躍する日本酒を知り尽くした蔵元が生み出す日本酒。

「磯自慢 La Isojiman 2018」は、山田錦を使用し精米歩合は18%。2017年は19%でしたが、更に品質を追求し18%を実現しました。ダイヤモンドカットされたようなボトルが高級感を漂わせます。

価格:110,000円

極上の日本酒揃いで飲みたくなってきましたか?

各製造元が、自信をもって提供している高級日本酒を紹介してきました。数万円のものから、6桁代のものまで、なかなか手が出しづらい金額のものもありますが、一度は飲んでみたい日本酒揃いです。

品位ある高級日本酒は、特別な記念日や贈り物としても最適です。普段は味わうことのできない極上の日本酒を、いかがでしょうか?

1