1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

本田選手が大儲けしちゃった「マクアケ」ってどんな会社なの?

元日本代表の本田圭佑選手が投資で大儲けした「マクアケ」という企業についてご紹介します。

更新日: 2019年12月19日

9 お気に入り 29297 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■本田圭佑選手は投資会社を経営している

本田圭佑氏は2016年に初めてスタートアップへの投資を実行し、現在は国内外合わせて15社のスタートアップに投資をしている

現役のサッカー選手、サッカーチームの監督でありながら、IT業界でも名を知られるエンジェル投資家、起業家。アメリカ市場でスタートアップ投資をする「ドリーマーズファンド」の共同創業者

■この本田氏が経営するKSKが投資したのが「マクアケ」

2016年の秋頃、教育系のIT起業家に頼んで藤田さんをつないでもらったのですが、そのとき、いきなり僕の方から『Makuake(マクアケ)に出資させてください』って言った

株主名簿を見ている見ると、サイバーエージェントが71%以上を保有しており、第2位の株主がサッカーの本田圭佑選手のファンドで、約14%を保有

そして意外なもう1人が市川海老蔵だ。本名の堀越寶世(たかとし)の名前で20万株、第6位の大株主に名前を連ねている(1.83%)

■その投資による儲けがえらいことに!

本田圭佑のKSKは16年12月に約1700万円、17年9月に約700万円をマクアケに投資。市川海老蔵より投資が早く、その分だけ株を安く取得して、持ち株は149万8000株まで増えた

KSKは、上場時にマクアケの株を1株1550円で25万株を売り出し、約3億9000万円の投資利益を得た。現在の持ち株の資産価値は、1株4000円として海老蔵をはるかに上回る約50億円に上る

成長がさらに確認されれば、株価を伸ばす可能性もあるため、含み益はさらに増える可能性が高い

■本田選手はなぜマクアケへ出資しようと思ったのか?

クラウドファンディングの可能性。これからは銀行にお金を預けて、銀行が運用してお金を増やすという代理投資の仕組みが、どんどん変化するのは確実だと思っています

2つ目の理由は、サイバーエージェントの藤田さんがフォローしているからです。社長の中山さんを含めて、今後のMakuakeは大きく成長していけると信じたから

■それにしても本田選手の先見の明はすごい

先見の明やなぁ 『この世界の片隅に』資金集めたベンチャーの上場で、市川海老蔵・本田圭佑が大儲けしていた(文春オンライン) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…

マクアケえっぐ。 凄いわ本田。 疑って悪かったよ。 もう持ってないけどな!!! 本田ぁぁぁぁあああああああああ!!!!

マクアケは何だかんだで4日連続陽線か。本田圭佑効果かな??本田はマクアケで40億の利益らしい。凄いねぇ。種銭があると儲けも太い。

■マクアケはマザーズ上場を果たし値を上げている

東京証券取引所は11月8日、クラウドファンディングサイトを運営するマクアケ(東京都渋谷区)のマザーズ上場を承認

東証マザーズに新規上場した直近IPO銘柄。公開価格1550円を74.8%上回る2710円で初値をつけ、翌12日はストップ高

昨日もマクアケ<4479>が連日の大幅高を演じるなど直近IPO銘柄を中心とした個別株の活況はみられる

1 2