1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

恐ろしすぎる…来年(2020年)に「給料が激減」してしまうかも

来年(2020年)にあなたの給料が激減してしまうかもしれません。その理由とは?

更新日: 2019年12月20日

71 お気に入り 275553 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■来年(2020年)に給料が激減してしまう可能性が

■その原因になるのが「同一労働同一賃金」

無期雇用フルタイム労働者(いわゆる正社員)と派遣労働者・パートタイム労働者・有期雇用労働者の間の不合理な待遇差の解消を目的

■多様な働き方を選択することが目的

その趣旨・性格が様々である現実を認めた上、それぞれの趣旨・性格に照らして、実態に違いがなければ同一の、違いがあれば違いに応じた支給を行わなければならない

正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間の不合理な待遇差を解消し、多様な働き方を選択できる社会にすることを目指しています

その働きや貢献に応じた待遇を得ることのできる「公正な待遇の実現」を目指しています

■この同一労働同一賃金がなぜ「給料の激減」につながるのか?

「同一労働同一賃金」が導入されれば、契約社員や派遣社員、パート従業員らの基本給アップやボーナス支給といった待遇改善に加え、福利厚生や休暇、教育・研修制度などについても正規と非正規の差がなくなる

同一労働同一賃金というと、正社員の所得を抑えて非正規労働者の所得を上げる方向の力が働くことになるが、会社側としては、前者に注力しかねない

■つまり、契約社員、派遣社員、パートなどの給与を「正社員の給与を下げることで帳尻を合わせる」可能性があるということ

両者の格差を是正する方法は、非正規社員の賃金を上げるか、正社員の賃金を下げるしか方法はなく、現実にはその両方が実施される

企業は総人件費の上昇を強く警戒しており、非正規社員の賃金が増えた分は、正社員の賃下げで対応しようとする企業が出てくる

正社員の諸手当を削った分で、非正規労働者の時給を大幅に引き上げ、非正規労働者が年金保険料を無理なく支払えるようになることが望まれる

■この予想に対してネットからは色々な声が

同一労働同一賃金そりゃそうだ。 ついでに公務員と一般企業間でも同一能力同一賃金が望ましい。 2020年「正社員の年収激減」の恐怖 賃下げの意外なターゲットとは(ITmedia ビジネスオンライン) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191220-…

消費者物価指数が上昇しながら収入が減るのが日本だけ、優しく残酷な一面も日本の特徴だーーー2020年「正社員の年収激減」の恐怖 賃下げの意外なターゲットとは a.msn.com/01/ja-jp/BBYaW…

2020年「正社員の年収激減」の恐怖 賃下げの意外なターゲットとは(ITmedia ビジネスオンライン) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191220-… 何言ってるの。経営者がモノとサービスの値段を上げて給料を上げたらいいだけの話じゃない。値段が上がっても買える所得や財源があれば経済は回るでしょ?

1 2