1. まとめトップ
  2. カラダ

この記事は私がまとめました

□2人に1人ががんになっている

また、日本人の死因の第1位はがんです。このことが、日本人が“がん”に恐怖心を持つ大きな理由の一つかもしれません。

□老化も発症率を上げる要因ですが、食べ物も深い関係があります

食べ物に発がんの原因があるのは事実ですが、一方で発がんを抑える力を持っているのも食べ物です。

□トマト

また、旬のトマトを食べたほうが効果があるので夏のトマトをしっかりと食べるのがおすすめです。

□唐辛子

唐辛子の薬効成分は、一番良いとされるハーブと同じ効果があります。特に消耗性疾患に良く効きます。

体温が高い状態というのは免疫力が高まりやすく、がんにとって居心地が悪いものなのです。

□ナッツ類

海外の研究では、ナッツを食べることでガンの再発率と死亡率が低くなるという結果が発表されました。

□にんにく

にんにくは、中華、フレンチ、イタリアンなど、さまざまな料理の材料として活躍する野菜。

その独特な匂いの元である「アリシン」は、体内でがんを促す活性酵素を除去する効果が期待されています。

また、加熱すると同じくがん予防へ効果をもたらすという「アホエン」が出るのも、にんにく自体ががんに対して効果が期待される要因です。

□ブロッコリー

ブロッコリーには『メチオメタンチオスルホネート(MMTS)』と言うあまり聞き慣れない成分が豊富に含まれています。

これががんになろうとする細胞をもとの細胞に戻すという働きをするのです。

また、特に注目を集めているのがスルフォラファン。数々の研究により、スルフォラファンには解毒作用、抗酸化作用、ピロリ菌除去作用などがあることが分かっています。

□これらを食事に取り入れ、今日からがんを予防しましょう

1 2