1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●シンガー・ソングライターの大黒摩季さん

上京してスタジオでのコーラス・シンガーを振り出しにプロの道を歩み始め、1992年に「ストップ・モーション」でデビュー。

その後「DA・KA・RA」(1992年)や「ら・ら・ら」(1995年)などの大ヒットを放つ。

2016年に入りTUBE、La Pom Pon、DISH//、アンティーク珈琲店らに作品提供するなどクリエイティブ活動を段階的に再開

●その大黒摩季さんが新聞社インタビューで離婚を明らかにした

【公表】大黒摩季、離婚していた 元夫に感謝「大好きだから幸せになってほしい」 news.livedoor.com/lite/article_d… 子宮疾患と不妊治療との凄絶な闘いだった16年間の結婚生活に終止符を打った理由を、「子供を産めなかった罪の意識を抱えて生きるより、彼の幸せを応援する人生を選んだ」と語った。 pic.twitter.com/XfUBcY0xNe

大黒摩季(49)が2003年11月に結婚した1歳年下の一般男性と離婚していたことが20日、分かった。

子宮疾患と不妊治療との凄絶な闘いだった16年間の結婚生活に終止符を打った理由を「子供を産めなかった罪の意識を抱えて生きるより、

・元夫は再婚し、子供もいるという

多忙な全国ツアーの影響で大黒が「離婚届を出し忘れていた」という間に、夫から新しいパートナーと出会い、赤ちゃんを授かったと報告された

「これは届けを出したら騒がれ、妊娠が不安定になって流産したら大変。自分が流産経験者だけに、大事にせねばと、生まれるまで届けを出すのをやめた」。

・離婚を伏せていたのは「彼と彼の家族を守りたかったから」

離婚を伏せていたのは、「根本的に周りを心配させたり同情されるのが好きではないのと、彼と彼の家族を世間の干渉から守りたかったから」。

「早産ではありましたが無事子供も生まれ、彼の家庭も安定してきたので、2019年4月頃に離婚届けを提出、受理されました」とあらためて報告

●ネットでは、この報道に様々な声が上がっている

4月に離婚していた大黒摩季「彼の幸せを応援する方が楽」 #ldnews news.livedoor.com/article/detail… 不妊で辛いな。好きな人と別れてまで子供が欲しいってのもちょっと分からないけど… 幸せならOKです。

強い人だなーというか強いところしか見せてないんだと思う。同性として尊敬もできるし切なくもある。なんかうまく言葉にならない。。 大黒摩季が離婚「ロックと再婚しました!」…不妊治療も子ども恵まれず 元夫は再婚で子ども誕生 (スポーツ報知) - LINE NEWS news.line.me/articles/oa-sp… #linenews

元旦那は別に自分の子なら大黒摩季さんとの子じゃなくてもいいから他の人と子供つくったわけだし離婚するの遅かったくらいじゃないかなぁ 大黒さんに執着しないで自分の幸せのために生きてる元旦那を批判してる人たちには到底理解できない関係性が二人にはあると思う

@shiopanda613 すんごく悲しいね。 元旦那さんが新しいパートナーとの間にもう子どもができてるっていうところも… 大黒摩季さん自身も子どもがほしいから頑張っていたんだろうに…辛いだろうな 離婚後めっちゃくちゃ幸せになってほしい!!!!!

ぐっときてしまった。。 大黒摩季が離婚「ロックと再婚しました!」…不妊治療も子ども恵まれず 元夫は再婚で子ども誕生 #SmartNews hochi.news/articles/20191…

大黒摩季さんの離婚コメントが潔い人柄なんだなーと。素敵。

旦那さんは新しいパートナーとの間に子どもがいて、その後離婚。 大黒摩季のフォローの言葉が優しすぎる・・・ https://t.co/VwjcA58iZj

1 2